今すぐ使える結婚式のメニュー表文例と意外な注意点4つ

結婚式に参列する側からすると、3大お楽しみは新婦のドレス、引き出物、そして披露宴のお料理と言われています。レストランウェディングの方はもちろん、ホテルやゲストハウスなど、どの会場で結婚式・披露宴をする場合にもメニュー表はなくてはならないものになります。招待状や席次表などに比べると存在感が薄いメニュー表ですが、ないと困りますし、あることで、下記2つの効果も出せます。

新郎新婦が披露宴会場に到着する前の間をもたせるツールになってくれる

(意外と、新郎新婦はお色直しや披露宴の準備などで時間を食い、ゲストを待たせてしまうものです。そんな時にメニュー表があれば、ゲストの方の読み物になりますし、ゲスト間での話題のタネにもなります。)

 

料理への期待感を高める演出効果がある

(料理も、単に「牛肉のステーキ」とするよりも、極端な話、「北海道〇〇町で取れた〇〇和牛のシェフが手をかけて火を通した職人技ステーキ」などとした方が効果があります)

 

そこで、この記事では、結婚式のメニュー表についてまとめていきたいと思います。

 

【コンテンツ】

  1. 結婚式メニュー表の基礎知識
  2. 結婚式メニュー表の今すぐ使える文例
  3. 結婚式メニュー表の意外な注意点4つ
  4. おしゃれな結婚式メニュー表例ベスト7選

 

 

続きを読む

そのまま使える!結婚式招待状の式のタイプ別文例11選

ゲストの第一印象や結婚式への期待感を高めるツールでもある結婚式の招待状。式場に丸投げの人はともかく、自分たちで手作りをしようとしている方は、いざとなるとどんな文面で招待状を書いた方が良いのか、あらためて考えると正確には分からないかと思います。

 

過去に友人や親せきからもらった招待状が手元にあるのでそれを参考にしようとしている、ネット検索して出てきて最初に見つけた文例をそのまま使おうとしているという方も多いかもしれません。ですが、予備知識なくなんとなく目についた文例を適用するのは危険です。招待状で使うべき文例は、式場の格式や結婚式の雰囲気やイメージなどによって最適なものが異なるから。

 

そこでこの記事では、結婚式の式場・タイプ別の文例を11パターン、そのまま使える形でまとめています。

ご自分の結婚式に最適な招待状の文例を用いることで、招待状を送る段階からゲストに好印象を持ってもらえるようになります。では、具体的にご紹介していきます。

 

【コンテンツ】

  1. 招待状の基本ルールと常識とは
  2. 招待状本状の書き方について
  3. 結婚式招待状の具体的文例

基本文例 媒酌人あり

基本文例 媒酌人なし(入籍前)

基本文例 媒酌人なし(入籍後)

基本文例 媒酌人なし(出産後)

かしこまった式の場合(媒酌人なし)

堅苦しくない式の場合

新郎新婦の両親が差出人の場合

新郎新婦が差出人だが両親の挨拶を入れたい場合

人前結婚式(人前式は、比較的カジュアルな式とされるため、カジュアルめの文例を利用する)

海外挙式後の国内パーティの場合

会費制パーティの場合(挙式なし)

 

 

続きを読む

招待状・席札は手書き?筆耕料のお値段

私は招待状・席札・席次表全てを結婚式のテーマカラーであるブラウン×ブートニアのタイプで統一。

 

そしてゲストの名前は、筆ペンで手書きしました。

(感謝の気持ちが伝わるだけでなく、筆耕料(あて名書き料金)も無料!一石二鳥でした!)

 

ペーパーアイテムの内、席次表は印刷の場合がほとんどですが、招待状の宛名・席札の名前は手書きの場合も多く、その筆耕料が意外と高くてびっくりします。例えば私が披露宴を行ったオテル・ドゥ・ミクニの場合、招待状宛名書きは1枚210円から、席札はミクニで購入すれば筆耕無料でしたが、席札そのものが高い!(私がネットで購入した写真のものの2倍のお値段)

 

1枚当たり300円としても、60名のゲストの場合18000円の追加料金となってしまいます。(その分ベールを良いものに!などできる金額です。)

 

ゲスト数が52名とそれほど大規模ではないとはいえ、

ひとつひとつ丁寧に書いたこともあり、半日くらいかかっちゃいましたが、良い思い出になりました。

 

自分で書くのはちょっと・・・という方には、お得に筆耕を頼める裏ワザがあるんです。

 

それは、

続きを読む

ゲストを飽きさせない工夫♪手作りアイテム一覧

 

 

披露宴会場に着いてから、新郎新婦が登場するまで、

新婦がお色直しのため退場してから、再び登場するまで・・・

 

披露宴中には、ゲストの「待ち時間」が結構あります。

 

その間飽きることなく楽しんでもらうため、いろいろな工夫をしました。

 

ここではそのお話をしようと思います。

 

その内のひとつがこちら、「手作りアイテム一覧」です。

 

 

続きを読む

招待状手作りのコツと意外と知らない風景印のルール

2012年の8月の大安に私たちは招待状を発送しました。

 

ご存じの方も多いかもしれませんが、土日でも、「ゆうゆう窓口」と言って郵便を扱ってくれる窓口がある局が存在してるんです。深夜でも出せたりするので便利ですよ~。

 

私は今年新たにデザインされた、スカイツリーが写っている風景印(郵便局別の特別な絵柄の受付印)を押してもらいたくて、東京の浅草郵便局で押印してもらってきました。

 

招待状の印刷・セット・封入作業全て自分たちでやったのですが、一番大変というか面倒だったのは、「切手を貼る作業」でした。

 

何枚も何枚もやる中で見つけた、素早く作業するコツを今日はご紹介します。

 

続きを読む 0 コメント