「結婚式をしたことがない」から、高くても気が付かない

結婚式って、なぜ「高い」んでしょうか?

 

この記事では、その根本原因について考えることで賢く節約できるアタマへの切り替えをサポートします。

 

結婚式の準備を始めると、「一生に一度のおめでたいことだから」というセリフを聞くことがあります。

 

結婚式は、今や何度かする方も結構いますが、「初めて」準備をする方が多いからだと思われます。結婚式というものは、実際に自分で準備をしてみて思ったのですが、やることが非常にたくさんあるのに、初めてのことばかりで分からないことだらけです。

 

勉強のように事前に学校で教えてもらえる訳でもなく、親や友人がレクチャーしてくれるのでもない。結婚が決まったら、「なんとなく」始めてみることになるケースがほとんどです。結婚することになったよ!と伝えて、「それは要注意!準備にはいろんな落とし穴があるから、事前にこういったことを知って、ここに気をつけた方が良いよ!」と言ってくれる人もいません。みんなが未経験者。「結婚式をしたことがない」新郎新婦が多いんです。

 

実はこれが、「結婚式がやたらと高い理由」になっています。具体的に見てみましょう。

 

1.結婚式が高い訳の3つの要素

自分が「モノを売る仕組みを作る」マーケティングをやっているので分かることですが、ビジネスにはルールがあります。

 

企業の収益は売上から必要な経費を引いたものになりますが、全ての基となるのは売上。

 

その売り上げは、たった3つの要素からできています。「1 客数(どの位多くの人に)」×「2 購入回数(どの位の頻度で)」×「3 客単価(1件当たりいくらで)」というかけ算です。

 

ということは、これを結婚式に当てはめると、1はある程度決まっていて(劇的に増やすことは難しい)、2はほとんどの場合たったの1回だけ。ということは、3を高くするしかないということです。

 

少子化が問題視される日本では、1である結婚式をするカップルをどんどん増やすことはどんなに宣伝して難しい。(企業に「結婚しましょう!」と言われたからと言って結婚を決意する人が簡単に増えるはずもありません。)2の結婚式をする頻度は、「一生に一度」の言葉がある位、1回きりでリピートはない。

 

だからいかに決まったお客さんの中から多くを捕まえて、一件あたりを高くできるかに結婚式業界は死力を尽くしていると言えます。

 

2.結婚式とマイホームは似ている?

この方程式が当てはまるものは他にもあります。

 

購入頻度が非常に低い、人生の節目にあたるようなもののビジネスです。例えば結婚式以外に、住宅購入なんかもそうでしょう。

 

「人生で一番大きい買い物」と言われることもある位、「一生に一度」の経験となることが多い商品です。アメリカなど海外では違うかもしれませんが、日本では一度購入した住宅を転売し、その差益で更に大きい家を買うというような思想はあまり定着していません。

 

また住宅を購入するのは「初めて」の人が圧倒的に多いため、A市のB地区のある大きさ・仕様の家が本当の相場はいくらが正しいのか知らない人がほとんどです。そのため、相場よりも高い値段を提示されても気が付かずに購入してしまうのです。

 

結婚式とマイホームは、買ったことがない=無知ゆえに高いお金を払わされてしまう。悲しいポイントで似ていると言えます。

 

3.高い理由を知るとこんな効果が

結婚式も同じです。いくつも比較検討した過去の経験や、相場の知識、こういった仕様だとこの位の値段、と言った知識が新郎新婦には初めての経験なのでないケースが多く、結婚式ビジネスの構造上ショップや会場、企業側は単価を上げようと必死になってくるため高くつくということです。

 

住宅に結婚式。購入頻度が低いものであればあるほど単価を高くしなければならない。いかに上乗せ、付加価値をつけて演出して買ってもらうかを企業は躍起になって考えています。

 

結婚式準備を始める前の方も、始めた後に「高い!」と思った方も、こういった結婚式ビジネスのカラクリを知れば損しないで済みます。

 

結婚式は1件の値段ができるだけ高くなるように企業はがんばっている。

 

「初めて」だから高くても気が付かないのが当たり前である。

 

このことを前提として、私自身、あるものをいかに高く売るか?を考え続けるマーケティング職だから伝えられる節約手法があります。それがこのサイトでまとめてある項目別節約術です。項目ごとにまとまっているので、初めての結婚準備でも簡単に参照できるように配慮してあります。

 

また、相場を知るため(高いかどうかわかるようになるため)にも、会場選びの前には必ず事前にブライダルフェアなどに複数行って比較検討することをおすすめします。試食付のお得で料理の味も分かるブライダルフェアは結構開催されており、ネットで24時間365日ポチッと予約できますので、まずはそういったサイトをいくつか見てみると良いでしょう。

 

もう既に会場を決めてしまっている場合でも、ブライダルフェアに行くことで、自分の結婚式知識が増えてプランナーさんとの交渉がしやすくなるという効果があります。

 

以下に、いろいろ比較して徹底的に調べた結果、ブライダルフェア情報が豊富でお得なサイトをいくつかご紹介しますのでよろしければご参考にしてください。

 

 


定価よりも30%以上お得になるこのサイト専用特典が満載。

 

先輩花嫁・新郎の口コミがたくさん載っているので、料理の評判含め、リアルな声が見られる点もおすすめポイント。

 

結婚式をすぐにやりたいお急ぎの人は特に必見!最大150万円お得になるすぐ婚特典なるものがあります。全国に無料相談のデスクがあるので、専用のプロアドバイザーに相談にのってもらえます。

 

極上牛フィレやデザート無料試食付フェアなど、お得な情報がすぐにみつかります。フェアを予約でMAX3万円の商品券がもらえる超お得キャンペーン実施中。

 

全国600か所以上の式場だけでなく海外ウェディングもすぐに探せます。どこを選んでよいのかわからない、いろいろ質問がありすぎる!という人も、駅からすぐの完全無料相談デスクや無料相談ナビダイヤルで疑問解決。無料特典のフェア予約で、デートしながら商品券をもらう、なんてよさそうです。

 

さまざまなブライダルフェアサイトの中でも、会場別の実際にかかる金額がはっきりかかれている貴重なサイトなので、結婚式っていくらかかるの?という疑問にも答えてくれます。

上記のリンクから、特に料理の美味しさにこだわっている会場一覧ページに飛べます。気になる会場のページをクリックすれば、試食付ブライダルフェア情報も見られますので一度チェックしてみることをおすすめします。

 

気になる会場がある方はもちろん、何もまだわからないという方も、お得なフェア情報や予約でMAX3万円もらえるプレゼントで得しちゃえます。シーズン別のウェディング特集もあるので、自分がしたい季節のウェディングの特長や雰囲気が見られて便利。

 

 


相談デスクがあったり、お得なマイナビ特典プランがあるのに加え、試食会付のブライフダルフェアが充実しています。

 

どんな結婚式がしたいのかイメージがわかない・・・という方にもぴったりな、直観的に良いと思った写真から選べる「インスピレーション検索」も特長。 その他、ウェディングスタイル・チャペル診断など、自分に合う式場診断ツールが充実。自分の場合はどうかな?とチェックするためにも、一度はのぞいてみることをおすすめします。こちらのサイトも、見学・フェアに参加するだけでMAXで2万円プレゼントやっています。

 

上のリンクから、無料のお料理・ケーキなど試食つきフェア特集コーナーが見られます。それぞれの結婚式場で実際に提供している料理を、ワンプレートやハーフコース、時にはフルコースで味わえるので、非常にお得で実用的。一番大切なおもてなしの演出、料理をしっかりチェックできますし、美味しい料理を食べながら気軽なデート間隔で楽しめます。

 

結婚式でゲストが最も気にする・印象に残るものは花嫁のドレスよりもお料理や引き出物。いろいろな会場の料理を食べ比べた上で、味やサービスに自信が持てる会場を見つけてみてください。

 

 


探し方ひとつで結婚式が最大半額になる、「自分にとって最もお得な結婚式」を6つの割引があるお得度圧倒的なサイト。

シーズン割、お日柄、挙式時間割、一年以内割、日曜割、得ナビ特別割の6つの割引があり、質を保ったままでお得になる日を紹介してくれます。また、 タクシーでまとめて会場見学できる、時短で楽々一気にいろいろ見れる「ブライダルツアー」なるものもあり、短い時間でいろいろ見たい方にも便利です。このブライダルツアーを利用して、気になる料理の内容を複数比較した上で式場を決めるというのも良いかもしれません。プロに相談できるコンシェルジュデスクがあるので、料理を美味しいものにしたい、こんな雰囲気の結婚式にしたいなど、基本的な相談から実際にいくらかかるか?まで一貫して同じコンシェルジュがサポートしてくれます。

 

こちらも 見学特典として、高級レストラン・ホテルで利用できる一休クーポン1万円分プレゼントあり。 お得度が非常に高いので、こちらでプランが見つかれば浮いた結婚資金は、 ハネムーンや新居への引っ越し資金など、他のものに有効に使えると思います。

お得度が圧倒的なこちらのサイト。結婚準備を自分自身がしていて本当に痛感したのは、結婚式場もウエディングドレスもハネムーンも、結婚関連のものはとにかく、全く同じものでも買う・申し込むサイトやお店によって値段が異なるということ。同じ上質のものをより格安で利用するためにも、いろいなサイトをのぞいてみることが大切だと思います。