ウェディングケーキの値段相場と上質に賢く手配する具体的方法

結婚式での重要な演出アイテムであるウェディングケーキ。

 

お気に入りの式場を決めて、いざお料理の話になった時、ウェディングケーキの値段、その「相場」はいくらなのか?どの位の値段でどの位のケーキになるのか分からないと、式場の言われた通りにお金を払うことになってしまいます。

 

また、同じ値段でもより素敵なウェディングケーキにするためには、3つのコツがあります。せっかくの大切なウェディングケーキ、どうせ作ってもらうなら、できるだけお気に入りのデザインで、且つ予算内の納得が行く値段にしたいですよね。そこで、この記事ではウェディングケーキの値段と予算内でより素敵なケーキにするためのポイントをまとめていきます。

  

【コンテンツ】 

  1. ウェディングケーキの値段の相場と基礎知識
  2. ウェディングケーキの値段を上げずにより素敵にするための3つのコツ
  3. ウェディングケーキのおしゃれな具体例12選
  4. 失敗せず最高の結婚式にするために・・・
  5. まとめ

 

1.ウェディングケーキの値段の相場と基礎知識

ウェディングケーキの値段の相場は、だいたいゲスト1人あたり1000円~1500円と言われています。一人当たり500~600円位(ゲスト60名で、3万~3.6万円)だと相場よりもだいぶ安く、工夫をしないと安っぽかったり、写真映えが全然しないケーキになってしまうことも考えられます。

 

ウェディングケーキには、主流なもので主に5つの種類がありますが、種類によっても値段の幅が異なりますので、まずはどんなケーキがウェディングケーキとして使われているのかチェックしましょう。

一番値段が安い傾向にあるのは、イミテーションケーキ。その名の通り、ケーキの作り物で、ケーキ入刀の演出をする一部分だけを本物のケーキにして使います。イミテーションなのでタワーのように高さをあったり、装飾がされていたりと豪華なものが多いですが、入刀したケーキをゲストにおすそ分け、という演出はできません。

 

次に、現在最も人気が高く主流なのが生ケーキ(フレッシュケーキ)。お誕生日ケーキやクリスマスケーキなど、いわゆる一般的なケーキで思い浮かべるスポンジで土台を作り、生クリームやフルーツで飾ったものが多いです。生のケーキなので、ケーキ入刀後、デザートの頃合いに、ゲスト全員に「先ほど新郎新婦がケーキ入刀したケーキのおすそ分けです」と言いつつ食べてもらうことが可能。デザインのアレンジも一番効くのがこのタイプ。(イミテーションは使い捨てではないので、何度も使われる前提のものであるためデザインはほとんど変えられないケースが多い。)

 

そして、ウェディングケーキの伝統が生まれたイギリス発祥のケーキであるシュガーケーキ。フルーツケーキにお砂糖で作ったシュガーペーストを塗って装飾したもので、保存が効くのと装飾が壊れにくいのが特徴。昨今は、新婦が自分で作るシュガーケーキ教室などもあるため、事前に自分で手作りしたものを持ち込んで当日使うこともできます。

 

いろいろあるケーキの中でも、豪華で見栄えがするけれどもお値段も張るのがマカロンやイチゴなどのフルーツで作られたタワータイプ。特にマカロンタワーはかわいいですがお値段はかわいくありません(笑)

 

ゲストに生ケーキ配布をしなくても、普通に会場のお料理としてデザートを出して食べていただけば特に誰も気にしないと思いますので、生ケーキにこだわりがない方はイミテーションケーキが一番お得かと思います。その次には生ケーキを、いくつかもポイントをおさえてオーダーするのがお得に素敵なウェディングケーキを手配するコツです。  

 

2.ウェディングケーキの値段を上げずにより素敵にする3つのコツ

ウェディングケーキの相場が分かった所で、では値段を予算内におさえつつ、または値段を上げずにより素敵な仕上がりにするためにどうしたら良いのか具体的なポイントをおさえていきます。

 

相場を知った上で、相場の値段のウェディングケーキを単にそのまま使うのではなく、ちょっとした工夫することで結婚式当日のウェディングケーキはより素敵に、写真映えするものになります。具体的には、以下の3つのポイントになります。

 

1 ケーキの装飾・形を工夫する

季節のフルーツやチョコレート、クッキーを飾りに使う、お花よりもマジパンや食べる用ではないプラスチックなどの飾りを使うのがポイントです。逆に、季節外のフルーツを無理やり使ったり、生花で飾る、凝ったアメ細工やマカロンで飾るなどすると高くなります。

 

そして、ケーキ自体を2段・3段にするよりも、盛り付ける容器が2段・3段になっていて、ケーキ自体は丸型の1段にするなどすると、見栄えは豪華ながらお値段は上がりません。

 

形に関しては、シンプルなスクエアや丸型の方が、ハート型やオリジナルの形状よりもお得なお値段になります。(スクエア<丸<ハート型<タワー型<マカロンタワー<4段以上の高いタワー型の順にお値段がお得です。)

 

2 式場の内装やテーブルコーディネイト、会場装花のカラーコードや雰囲気に合わせる

ケーキ自体はシンプルに工夫しても、式場の内装のカラーコードや装飾に使っているお花などと色のトーンを合わせるとおしゃれな印象が高まります。

 

ケーキを使った演出を考えている方なら特に新婦がその時に来ている衣装(ケーキ入刀する時のドレスはウェディングドレスなのか、カラードレスなのかなど)に合わせて色みをそろえると素敵です。また、会場がゴージャスならケーキの飾りにも金箔を使ったあしらいをする、カジュアルなレストランやガーデンウェディングならグリーンを取り入れるなど、会場の雰囲気とケーキのイメージを合わせるのもポイントです。

 

3 ケーキを外部から持ち込む

これはそもそも、会場によってはNGで持ち込み不可の所もありますので、必ずケーキを手配する前に会場に持ち込み可否を確認してください。もしも、ケーキの持ち込みがOKであれば、意外と街のケーキ屋さん、そしてインターネットショップのケーキ屋さんでウェディングケーキを作ってもらうことは可能です。しかも、コストが結婚式場よりも非常にお得な設定となっているケースが多いです。しかも専門店=その道のプロですので、ケーキの質にも期待できます。

 

また、冒頭のケーキの種類の中でもご紹介しているシュガーケーキなど保存が効く・前もって容易できるケーキを自分で作る、というのもひとつの手かと思いますが、プロに作っていただいた方が衛生面、味の面でもより安心できるかもしれません。

 

そして、ウェディングケーキを持ち込む際の最重要なポイントは、会場側に、「ここのケーキに思い入れがあるので」、など、単に節約のために持ち込みたいということではなく、自分たちらしい結婚式をするために是非やらせてほしい、というスタンスでお願いすること。これ、結構持ち込み交渉をする上では大事なポイントになってきます。

 

私の場合は結局、自分たちの一番のこだわりポイントがゲストをもてなす「お料理」ということでレストランウェディングをしたため、ケーキはほとんど節約をせず、フレーズ・ド・ブッシュというイチゴのタワーケーキにしました。(お値段10万円、ゲスト一人当たり約2000円、下記がその写真)

 

ですが、後から色々調べてみるとお得に素敵なケーキを手配するためのポイントがいろいろあることを知ったため、このように記事にまとめてみることにしました。 

 

 

イチゴタワーのケーキにケーキ入刀
イチゴタワーのケーキにケーキ入刀

こちらが私たちの結婚式で使ったウェディングケーキ、フレーズ・ド・ブッシュです。見た目も迫力があるので、演出にもなりました。(タワーでの価格10万円、ゲスト一人当たり約2000円)

 

デザート
デザート

ケーキ入刀もした、フレーズ・ド・ブッシュのイチゴを添えた季節パティスリーの盛り合わせをデザートに出してもらいました。

 

どどーん!!!と最後にシェフお手製のなんと6種類ものひとつひとつ味もデザインも異なるケーキパーティ皿が。イチゴもこれでもか!と盛ってあります。これは、フレーズ・ド・ブッシュを頼んだ人の結婚式でしか出せないデザートということで、何が何でもこれをみなさんに食べてもらいたくて選びました。みなさん、どれも美味しいと喜んでくれて良かったです。

 

3.ウェディングケーキのおしゃれな具体的事例12選

ウェディングケーキの値段相場がだいたい1000円程度、ケーキを選ぶ際のコツもお伝えしてきましたが、一口にウェディングケーキと言ってもすぐに理想のものが思い浮かばないかもしれません。

 

そこで、少しでもご自分のイメージ通りのウェディングケーキ手配の役に立てるよう、おしゃれで素敵!と思ったウェディングケーキの実例をいくつか集めてみました。

ウェディングケーキのアニバーサリー

 

配送可能地域:東京都内一部のみ

 

取り扱いケーキ:スタンダードウェディングケーキ、ウェディングシュガーケーキ、オーダーメイドウェディングケーキ、ゲスト参加型のウェディングケーキなど幅広い

 

マンチーズパティスリー

 

配送可能地域:都内23区および近郊と神奈川県横浜市と川崎市

 

取り扱いケーキ:スタンダードウェディングケーキ(オーダーメイドはしていませんが、オーダー締め切りが使用日の7日前の18時までと直前でも対応してくれます)

 

4.失敗せず最高の結婚式にするために・・・試食は必須!

結婚式場でウェディングケーキを手配する場合も、外部から買って持ち込む場合も、自分たち自身でケーキをできるだけ事前に食べてみる。これは非常に重要です。

 

結婚式に来るゲストの一番の楽しみは、冗談抜きで食事ですので、特にそのクライマックスであるウェディングケーキは印象に残るものになります。どんなに豪華なドレスを着ても、会場が綺麗でも、ケーキがまずいと印象は微妙なものになってゲストの心に残ってしまいます。

 

そこで、会場選びの際は必ず試食をすること。試食付のお得で料理の味も知られるブライダルフェアは結構開催されており、ネットで24時間365日ポチッと予約できますので、まずはそういったサイトをいくつか見てみることをおすすめします。

 

もう既に会場を決めてしまっている場合でも、プランナーの方や会場側にお願いすると、料理を選ぶ前に試食させてもらえるケースは多いです。一度打診してみましょう。また、外部から持ち込む場合も、そのケーキ屋さんのケーキを小さいものでも良いので事前に一度食べてみると安心です。

 

以下に、いろいろ比較して徹底的に調べた結果、試食付ブライダルフェア情報が豊富でお得なサイトをいくつかご紹介しますのでよろしければご参考にしてください。

 

 


定価よりも30%以上お得になるこのサイト専用特典が満載。

 

先輩花嫁・新郎の口コミがたくさん載っているので、料理の評判含め、リアルな声が見られる点もおすすめポイント。

 

結婚式をすぐにやりたいお急ぎの人は特に必見!最大150万円お得になるすぐ婚特典なるものがあります。全国に無料相談のデスクがあるので、専用のプロアドバイザーに相談にのってもらえます。

 

極上牛フィレやデザート無料試食付フェアなど、お得な情報がすぐにみつかります。フェアを予約でMAX3万円の商品券がもらえる超お得キャンペーン実施中。

 

全国600か所以上の式場だけでなく海外ウェディングもすぐに探せます。どこを選んでよいのかわからない、いろいろ質問がありすぎる!という人も、駅からすぐの完全無料相談デスクや無料相談ナビダイヤルで疑問解決。無料特典のフェア予約で、デートしながら商品券をもらう、なんてよさそうです。

 

さまざまなブライダルフェアサイトの中でも、会場別の実際にかかる金額がはっきりかかれている貴重なサイトなので、結婚式っていくらかかるの?という疑問にも答えてくれます。

上記のリンクから、特に料理の美味しさにこだわっている会場一覧ページに飛べます。気になる会場のページをクリックすれば、試食付ブライダルフェア情報も見られますので一度チェックしてみることをおすすめします。

 

気になる会場がある方はもちろん、何もまだわからないという方も、お得なフェア情報や予約でMAX3万円もらえるプレゼントで得しちゃえます。シーズン別のウェディング特集もあるので、自分がしたい季節のウェディングの特長や雰囲気が見られて便利。

 

 


相談デスクがあったり、お得なマイナビ特典プランがあるのに加え、試食会付のブライフダルフェアが充実しています。

 

どんな結婚式がしたいのかイメージがわかない・・・という方にもぴったりな、直観的に良いと思った写真から選べる「インスピレーション検索」も特長。 その他、ウェディングスタイル・チャペル診断など、自分に合う式場診断ツールが充実。自分の場合はどうかな?とチェックするためにも、一度はのぞいてみることをおすすめします。こちらのサイトも、見学・フェアに参加するだけでMAXで2万円プレゼントやっています。

 

上のリンクから、無料のお料理・ケーキなど試食つきフェア特集コーナーが見られます。それぞれの結婚式場で実際に提供している料理を、ワンプレートやハーフコース、時にはフルコースで味わえるので、非常にお得で実用的。一番大切なおもてなしの演出、料理をしっかりチェックできますし、美味しい料理を食べながら気軽なデート間隔で楽しめます。

 

結婚式でゲストが最も気にする・印象に残るものは花嫁のドレスよりもお料理や引き出物。いろいろな会場の料理を食べ比べた上で、味やサービスに自信が持てる会場を見つけてみてください。

 

 


探し方ひとつで結婚式が最大半額になる、「自分にとって最もお得な結婚式」を6つの割引があるお得度圧倒的なサイト。

シーズン割、お日柄、挙式時間割、一年以内割、日曜割、得ナビ特別割の6つの割引があり、質を保ったままでお得になる日を紹介してくれます。また、 タクシーでまとめて会場見学できる、時短で楽々一気にいろいろ見れる「ブライダルツアー」なるものもあり、短い時間でいろいろ見たい方にも便利です。このブライダルツアーを利用して、気になる料理の内容を複数比較した上で式場を決めるというのも良いかもしれません。プロに相談できるコンシェルジュデスクがあるので、料理を美味しいものにしたい、こんな雰囲気の結婚式にしたいなど、基本的な相談から実際にいくらかかるか?まで一貫して同じコンシェルジュがサポートしてくれます。

 

こちらも 見学特典として、高級レストラン・ホテルで利用できる一休クーポン1万円分プレゼントあり。 お得度が非常に高いので、こちらでプランが見つかれば浮いた結婚資金は、 ハネムーンや新居への引っ越し資金など、他のものに有効に使えると思います。

お得度が圧倒的なこちらのサイト。結婚準備を自分自身がしていて本当に痛感したのは、結婚式場もウエディングドレスもハネムーンも、結婚関連のものはとにかく、全く同じものでも買う・申し込むサイトやお店によって値段が異なるということ。同じ上質のものをより格安で利用するためにも、いろいなサイトをのぞいてみることが大切だと思います。

 

 

まとめ

結婚式で使うウェディングケーキの相場を知った上で、よりゲストに楽しんでもらえる素敵なケーキをお得に用意するためには、基礎知識を知った上でコストの賢いかけかたを知る。また、味も非常に大事なのでできるだけ事前にブライダルフェアに参加するなどして試食することが大切です。

 

結婚式にわざわざ来てくれるゲストのお楽しみのひとつであるお食事、特にデザートにあたるウェディングケーキはどんなものにするか悩みどころです。でも知識を持った上で工夫の仕方を知れば、同じ値段でもより豪華に見える、美味しいものを手配することが可能です。

 

このページでは、ウェディングケーキの値段の相場を知りたい方、どんなウェディングケーキにしたら良いのか、いくらくらいでどの位の見栄えのウェディングケーキが用意できるのか基礎知識と実例、おすすめのショップ情報などなどをご紹介させていただきましたが、素敵な結婚式準備のためのヒントとしてお使いいただければ幸いです。 

  

関連記事として、ウェディングケーキ以外の、結婚式の料理に関してまとめた人気ページをご紹介して終わりにしたいと思います。 

 

最新データから見る結婚式料理の相場と基礎知識