結婚式を和装で挙げる花嫁必読!基礎知識と衣装選び3つのポイント

小さな頃から女性は、花嫁衣裳を身に着けることを夢見ていたりしますが、ウェディングドレスも素敵ながら、日本人ならやっぱり和装!という方も多いかと思います。

 

古来より日本人の日常からハレの日まで飾る服として親しまれてきた和装ですが、衣装を選ぶ上では気に入った色・柄のものをなんとなく選べばOK!という訳にはいきません。衣装の種類や柄によって格式や意味があり、また会場によっても合う・合わないがあるため、予備知識を必ずおさえた上で自分のお気に入りの一着に決めるのが正解です。

 

この記事では、結婚式を和装で挙げたい花嫁が必ずおさえるべきポイントを3つに絞り、基礎知識と共に網羅してまとめました。

 

和装結婚式で、会場にも写真にも映える運命の一着選びに役立つコンテンツが1ページにまとまっています。

 

【コンテンツ】

和装結婚式の種類とは

花嫁が着る和装衣装とは(基礎知識)

着物の模様に込められた意味を知る

和装結婚式衣装に必要な小物とそれらの意味

和装結婚式衣装選びをする上で絶対おさえておきたい3つのポイント

 

結婚式を和装で挙げたい花嫁はもちろん、和装って素敵かも、と一度でも思ってことがある方は一読されることをおすすめします。

 

 

和装結婚式の種類とは

和装で行われる結婚式と言えば神社で神主さんに祭事してもらうもの、と思われるかもしれませんが、実は3つの種類があります。

 

  • 神前式
  • 仏前式
  • 人前式

 

神前式と仏前式は宗教儀式であり、定められた流れ・手順・動作等によって進行されます。一方人前式は、ゲストの人々に立ち会って証人になってもらう形式ばらない式ですので、型にはまったルールがあまりない分、宗教儀式でないこの式でも、和装を着て式をやりたい!という花嫁は人前式で和装衣装を選んだりするようです。また、披露宴のお色直しで和装に着替える新婦も昨今は多いです。

 

神前式について


神社や神殿で行われる日本古来から伝わる伝統式な式でありますが、起源は意外に最近であり、明治33年に日比谷大神宮で行われた大正天皇の成婚式がはじまりとされています。

雅楽の和の音楽が響く中の花嫁行列、決まった儀式を新郎と新婦2人で執り行っていく儀式としての格調高さなど、思い出に深く刻まれそうな正統派和装結婚式です。神前式をやるには、式用の神殿を設置している、または提携神社のある式場を探して申し込むのが通例です。

 

仏前式について


こちらは、仏様の前で行う挙式スタイルで、新郎新婦や一族が新興する仏教の教えに基づいた宗教儀式です。仏様や先祖に新郎新婦の結婚報告を行い、先祖への感謝の気持ちを伝える結婚式であり、先祖代々の墓がある菩提寺やゆかりのあるお寺、あるいは自宅に僧侶の方に来てもらい実施することもあります。つまりは、結婚式場でやるというよりも、お寺等の宗教施設でやる式であると言えます。

 

人前式について


神や仏に誓う、証人となってもらうのではなく、両親や親族、友人などに立ち会ってもらい、人々の前で誓い合うのが人前式。宗教儀式とは異なるタイプの挙式であることから、新郎新婦の宗教背景に関係なく行えることと、決まりきったルールがない分二人の思い描く結婚式をやりやすいのが特徴です。

 

 

花嫁が着る和装衣装とは(基礎知識)

日本古来からの伝統衣装である和装。文化として伝えられてきた和装には、ウェディングドレス以上に、会場の雰囲気との相性や、柄に込められた意味、季節とのバランスなどがベストの1着を選ぶ上ではかかわってきます。ウェディングドレスにAラインやプリンセスラインなどいろいろな種類と種類別の特長があるように、着物にも花嫁衣裳の種類と格付けなどがあります。そう聞くと難しそうに思われるかもしれませんが、基本をおさえれば大丈夫。以下に、花嫁衣裳の基本をご紹介していきます。

 

白無垢について


和装の花嫁衣裳の中で最も格式が高い正礼装が白無垢です。邪気を払い神聖なる式に臨むための、元来は挙式時専用の衣装となります。打ち掛け(一番上に羽織る着物)、掛下(打ち掛けの下に着る振袖)はもちろん、その他身に着ける小物は全て白で統一するのが通例。角隠しか綿帽子をつけて神前式に臨みます。

 

色打掛について


白無垢と同じレベルの正礼装で、色がついたもの。掛下の上に色がついた打ち掛けを羽織るスタイルです。和装の結婚式では、式を白無垢で行い、披露宴にて色打掛を着るケースが多いですが、白無垢とう同等の正装であることから、式も色打掛で執り行うことは可能です。 近年は、妊婦の方など、締め付けを避けたいようなケースにおすすめされることが多いオーガンジータイプなどが出てきています。

 

引き振袖(お引きずり)について


未婚の女性の礼装。成人式などに着られる一般的な振袖とは異なり、時代劇のお姫様が着ているような、裾をひきずるようにして着るものになります。

 

 

着物の模様に込められた意味を知る

春夏秋冬の四季がある日本では、昔から季節と暮らしが密接に結び付き、それは衣服にも関係していました。自然と共に同じ着物でも素材を変えるだけでなく、自然を愛で、楽しむためにその柄にもこだわりを持ってきています。春には桜を、秋には紅葉を、冬には雪を着物の柄に取り入れて・・・また、花嫁の婚礼衣装は、こういった自然とのリンクだけでなく、吉祥文様と呼ばれるおめでたい、お祝いの意味を込めた模様が使われています。

 

 

貝桶


夫婦円満を意味する模様。大名の嫁入り道具でもあった、ばらばらにした貝殻の中から一対の買いを当てるゲームである「貝合わせ」の道具がモチーフ

丹頂鶴と蓑亀:「鶴は千年、亀は万年」といわれ長寿を示す、日本の代表的な吉祥文様。鶴と亀が対で使われ、仲睦まじく老齢まで、という意味が込められている。鶴単独で使われることも多い。

 

 

松竹梅


松と竹は寒い中でも色あせず、梅は寒い中で花開く。松竹梅の内の一つ、または二つで描かれることもある、典型的なお祝い事の文様。

 

 

鳳凰


不老不死を与え病気を治すとされる、架空の鳥。優美な姿から豪華絢爛な柄展開となり、古くから用いられる格調高きおめでたい模様。

扇:扇は広げて使うことから末広がりとされ、慶事にぴったりのモチーフということで花嫁衣裳だけでなく、留袖などにも好んで使われる。

 

 


扇は広げて使うことから末広がりとされ、慶事にぴったりのモチーフということで花嫁衣裳だけでなく、留袖などにも好んで使われる。

 

 

丹頂鶴と蓑亀


「鶴は千年、亀は万年」といわれ長寿を示す、日本の代表的な吉祥文様。鶴と亀が対で使われ、仲睦まじく老齢まで、という意味が込められている。鶴単独で使われることも多い。

 

 

和装結婚式衣装に必要な小物とそれらの意味

ウェディングドレスにもベールやグローブ、パニエなど色々な小物が必要であるように、和装の花嫁衣裳にも様々な小物が必要になります。白無垢の際は、全ての小物を白で統一する必要がありますが、それ以外であれば、着物と合わせて花やかな色や刺しゅうのものを合わせてOKです。

 

 

箱迫(はこせこ)


もともとは鏡や櫛を入れていた、お化粧ポーチのようなもの。花嫁衣裳として着る際には、本当にポーチとして使うというよりも飾りとして使うケースがほとんどです。

 

 

懐剣(かいけん)


帯に挿す短剣。武家の娘が、自分自身の護身用に持っていたもの。

帯締め:帯の上から、帯を固定するために締める固定紐のこと。結婚式では丸ぐけという種類のものを用います。

 

 

抱え帯


裾の長さを調節するために、帯の下に結ぶ細い紐のこと。帯に合わせて色や模様を選びます。

 

 

末広(すえひろ)


花嫁が手荷物扇のこと。扇=末広がりの象徴であり、結婚生活が未来永劫、幸せであり続けるようにという意図がこめられています。

 

 

和装結婚式衣装選びをする上で絶対おさえておきたい3つのポイント


せっかく楽しみにしていた和装結婚式の衣装も、単に好き、というだけで選ぶんでしまうのは危険です。結婚式は人生で一番と言っても良いほど人の注目を集め、写真や動画も取られる特別な一日。会場とチグハグしていたり、写真映えが思ったほどしなかったり・・ということにならないためにも、下記3つは必ずおさえることをおすすめします。

 

 

1.会場と格式を合わせる:本格的な神前式・仏前式をするのであれば、最も格式の高い白無垢にするのが間違いないです。格調高い式なのに振袖ですと、アンバランスになってしまいます。逆に、カジュアル目な雰囲気の人前式なら、お引きずりの方が合うということも考えられます。会場の雰囲気・格式と衣装の格式を合わせる意識を持ちましょう。

 

2.会場の色・装飾との相性をチェック:披露宴では色打掛に着替えて、というのが良いかと思いますが、衣装を選ぶ時は必ず披露宴・パーティ会場のゲスト席・高砂(新郎新婦の席)の写真を持参しましょう。なぜなら、シックで凛とした雰囲気に、と思い黒打ち掛けを選んだのに、会場の床が黒っぽい大理石だったので同化してしまった、白無垢で挑んだら、高砂の拝啓も白だった、というようなことが起こり得るからです。試着には会場写真持参。これ必須です。

 

3.身長と柄の相性をおさえる:着物の柄は同じ鶴の柄でも非常に千差万別、さまざまなものがあるので迷ってしまいますが、基本は、小柄な方には細やかな柄が、大柄な方には大胆な柄の衣装が似合います。また、自分で似合うと思っている色や衣装と、写真に撮った時にぴったりな衣装は意外と違ったりしますので、必ず「写真に撮って」確認すると客観的に判断することができます。

 

 

まとめ


以上、結婚式を和装で挙げたいと思っている花嫁さんのための基礎知識と衣装の選び方まで、幅広くまとめてみました。女性が最も輝く日のひとつである結婚式。ご自分が納得がいく素敵な和装に巡り合われるための一助となれましたら幸いです。

 

和装も良いけど、やっぱりウェディングドレスも気になる!という方は下記にウェディングドレスのまとめページもありますので、よろしければどうぞ。

 

ウェディングドレスの全知識とお得情報まとめページ