そのまま使える!結婚式招待状の式のタイプ別文例11選

ゲストの第一印象や結婚式への期待感を高めるツールでもある結婚式の招待状。式場に丸投げの人はともかく、自分たちで手作りをしようとしている方は、いざとなるとどんな文面で招待状を書いた方が良いのか、あらためて考えると正確には分からないかと思います。

 

過去に友人や親せきからもらった招待状が手元にあるのでそれを参考にしようとしている、ネット検索して出てきて最初に見つけた文例をそのまま使おうとしているという方も多いかもしれません。ですが、予備知識なくなんとなく目についた文例を適用するのは危険です。招待状で使うべき文例は、式場の格式や結婚式の雰囲気やイメージなどによって最適なものが異なるから。

 

そこでこの記事では、結婚式の式場・タイプ別の文例を11パターン、そのまま使える形でまとめています。

ご自分の結婚式に最適な招待状の文例を用いることで、招待状を送る段階からゲストに好印象を持ってもらえるようになります。では、具体的にご紹介していきます。

 

【コンテンツ】

  1. 招待状の基本ルールと常識とは
  2. 招待状本状の書き方について
  3. 結婚式招待状の具体的文例

基本文例 媒酌人あり

基本文例 媒酌人なし(入籍前)

基本文例 媒酌人なし(入籍後)

基本文例 媒酌人なし(出産後)

かしこまった式の場合(媒酌人なし)

堅苦しくない式の場合

新郎新婦の両親が差出人の場合

新郎新婦が差出人だが両親の挨拶を入れたい場合

人前結婚式(人前式は、比較的カジュアルな式とされるため、カジュアルめの文例を利用する)

海外挙式後の国内パーティの場合

会費制パーティの場合(挙式なし)

 

 

招待状の基本ルールと常識とは

招待状の具体的な文例に入る前に、まずは絶対おさえておきたい基本ルールと常識について簡単にご紹介していきます。結婚式の招待状は、大切なゲストの方々への一番初めの接触点とも言える、大事なものです。結婚式に呼ぶほどの間柄ですから、新郎新婦にとって関係性の深い、式後にもずっとかかわりを持っていきたい人たちですので、基本をしっかりおさえ、マナーを守った招待状作りを心がけましょう!

招待状本状の書き方について

招待状はいつまでに出すべき?

 

基本的には、結婚式・披露宴の遅くとも2か月前には発送するようにします。(遅くとも、結婚式の1.5か月前、50日前まで)結婚式の1か月を切って招待状が届くと、「もしかしてゲスト数が足らなかったから呼ばれたのかな?」など変な勘ぐりを産むことにすらなりかねません。招待状は、自分で完全に手作りせずに業者に印刷だけは頼む場合でも、場合によっては発注から受け取りまで2週間以上かかることもありますので、準備には余裕を持って取り組むようにしましょう。

 

招待状には何を入れるの?

下記を封筒に入れて郵送または手渡しします。

1. 本状(招待状本体)

2. 返信用ハガキ(必ず返信用切手は貼ること)

3. 会場案内地図(自分たちで手作りする、用意する場合も、挙式・披露宴会場に招待状に入れたい、と言えば無料で用意してくれるケースは多いです)

4. 付箋(挙式への参列をお願いする場合や、祝辞、余興など何か役割や依頼をする場合にのみ入れる)

5. その他(必要に応じて宿泊ホテル、着付けやヘアメイクの美容室、駐車場の案内など)

 

招待状文面にルールはあるの?

  • 文面の中に、「区切る=別れる」を意味する句読点(「、」や「。」)は入れないこと。代わりに、1文字分スペースを空けるようにします。
  • 文頭は、頭揃えにするかセンター揃えにする。段落をつくるように、文頭の頭1文字をずらして書いたりしない。
  • 忌み言葉、悪い言葉の漢字を使わないようにする。(例:ご多忙の中=「忙」は心を亡くすという意味になるので、ご多用の中、などと言い換える。)
  • 封筒の宛名と案内状の縦書き、横書きは合わせる

 

基本的な知識をしっかりおさえて、マナーを守った失礼のない招待状を準備しましょう。

 

 

結婚式招待状の具体的文例

一番重要なのは、「いつ、どこで、誰と誰が、どんな結婚式(和装?洋装?格式は?)を行うか」が明快に分かること。分かりやすく、マナーを守った書き方で記すのが重要です。

 

結婚式招待状の文面は、式場の格式や招待状の差出人が新郎新婦なのか、両親なのか、また媒酌人があいるのか、式の雰囲気はどんなイメージか等によって異なりますが、基本構成は下記の通りです。

 

  • 時候のあいさつ(季節をからめた書き出しの挨拶)
  • 頭語
  • 結婚式・披露宴へ招きたい旨の文章
  • 結語
  • 差出し日(〇月〇日吉日)
  • 新郎氏名
  • 新婦氏名
  • 日時・開催場所・開催時間
  • 出欠の連絡の締切日(招待状を投函する1か月後程度に設定する)

 

これらの情報を基本に、差出人が誰なのか、式は神前式なのか、媒酌人はあるのか、カジュアルなものなのかなど、新郎新婦の結婚式のパターンに合わせてアレンジしていくことになります。

 

では具体的にパターン別の招待状の文例を列記します。

 

※データとしてダウンロードする場合、上記ページからできます。

 

 

基本文例 媒酌人あり


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様におかれましては

益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

 

このたび私たちは ○○様ご夫妻のご媒酌により

結婚式を挙げることになりました

 

つきましては 皆様により一層のご指導を賜りたく

ささやかではございますが 披露宴を催したく存じます

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

 

敬白

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

基本文例 媒酌人なし(入籍前)


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様におかれましては

益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

 

かねて婚約中の私たちは

このたび結婚式を挙げ

新しい第一歩を踏み出すことになりました

つきましては 日頃よりご交誼いただいております皆様により一層のご指導を賜りたく

ささやかながら小宴を催したいと存じます

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

 

敬白

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

基本文例 媒酌人なし(入籍後)


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様におかれましては

益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

 

かねて婚約中の私たちは

このたび結婚式を挙げ

新しい第一歩を踏み出すことになりました

つきましては 日頃よりご交誼いただいております皆様により一層のご指導を賜りたく

ささやかながら小宴を催したいと存じます

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

 

敬白

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

基本文例 媒酌人なし(出産後)


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様におかれましては

益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

 

このたび 私たちは結婚式を挙げることになりました

ふたりは〇年○月○日に入籍し 今春○月○日には長女○○が誕生いたしました

つきましては ご報告とご挨拶をかねまして

ささやかながら小宴を催したいと存じます

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

 

敬白

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

かしこまった式の場合(媒酌人なし)


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます

 

かねて婚約中の私たちは

このたび結婚式を挙げ

新しい第一歩を踏み出すことになりました

つきましては 幾久しくご指導とご懇情を賜りますよう

ささやかながら披露の宴を催したいと存じます

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

 

敬具

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

なお 誠にお手数ながらご都合のほどを同封のはがきにて ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

堅苦しくない式の場合


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様にはお健やかにお過ごしのことと

お慶び申し上げます

 

かねて婚約中の私たちは

このたび 私たちは結婚式を挙げることになりました

つきましては ご報告とご挨拶をかねまして

ささやかながら小宴を催したいと存じます

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席くださいますよう ご案内申し上げます

 

敬白

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

新郎新婦の両親が差出人の場合


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様におかれましては

益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

 

さて このたび

太郎 長男 〇〇(新郎の名前)

和夫 長女 〇〇(新婦の名前)

の婚約が相整い 結婚式を挙げることとなりました

つきましては 幾久しくご懇情を賜りたく

披露かたがた粗餐を差し上げたく存じます

 

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

何とぞご臨席賜りますようご案内申し上げます

 

敬白

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎父氏名)

○○○○(新婦父氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

新郎新婦が差出人だが両親の挨拶を入れたい場合


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様におかれましては

益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

 

かねて婚約中の私たちは

このたび結婚式を挙げ

新しい第一歩を踏み出すことになりました

つきましては 日頃よりご交誼いただいております皆様により一層のご指導を賜りたく

ささやかながら小宴を催したいと存じます

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

 

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

平成○年○月吉日

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

ご多用中のところ誠に恐縮に存じますが

若い二人のためにお励ましをいただきたく

私どもからもよろしくお願い申し上げます

 

新郎父名または母名、あるいは新郎両親両方の名前

新婦父名または母名、あるいは新婦両親両方の名前

 

なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

人前結婚式(カジュアルめの文例を利用する)


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます

 

つきましては 日頃お世話になっております皆様のお立会いのもと

人前結婚式を行いたく存じます

皆様には 私たちの思いをご理解いただき

証人としてご列席いただければ幸いです

挙式後は ささやかではございますが

感謝の気持ちを込めて 小宴を催したく存じます

 

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

 

敬具

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○ホテル〇〇ホール

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

お手数ながら ご都合の程を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

 

 

海外挙式後の国内パーティの場合


謹啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様にはお健やかにお過ごしのことと

お慶び申し上げます

さて このたび 私たちは◯月◯日

◯◯◯ ◯◯◯に於いて

結婚式を挙げることとなりました

つきましては 帰国後 ご挨拶とご報告をかねて

ささやかな披露パーティーを催したく存じます

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

 

敬具

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○○ ○○○

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

 

お手数ながら ご都合の程を○月○日までにご一報賜りますよう お願い申し上げます

 

 

会費制パーティの場合(挙式なし)


啓 〇〇〇〇(新緑の候、など時候の挨拶)

皆様 いかがお過ごしでしょうか

さて このたび 私たちは結婚することとなりました

つきましては 結婚のご報告をかねて

心ばかりの披露パーティを催したく存じます

皆様に見守られ ご指導いただきながら

新しい人生のスタートができれば幸いです

ご多用中 誠に恐縮ではございますが

ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

なお 当日は会費制とさせていただきましたので

ご祝儀などのお心遣いはなさいませんようくれぐれもお願い申し上げます

 

敬具

 

平成○年○月吉日

○○○○(新郎氏名)

○○○○(新婦氏名)

 

 

日時 平成○○年○月○日

午後○時○分(午前○時○分受付)

場所 ○○○ ○○○

東京都〇〇区〇1-2-3

電話番号 〇〇‐〇〇‐〇〇〇〇

(〇〇駅 下車〇分)

会費 ○円

 

お手数ながら ご都合の程を○月○日までにお知らせください

 

書き出しの時候の挨拶

招待状の文頭に入れる時候の挨拶は、招待状を送る月によって決まった文句があります。下記に分かりやすくまとまっていますので、参考にしてください。

時候の挨拶だけでなく、招待状準備のスケジュールやダンドリ案内などがわかりやすくまとまっていますので一度ご覧になることをおすすめします。

 

 

まとめ


結婚式・披露宴・披露パーティに呼ぶゲストは、新郎新婦にとって大切な方たちばかり。そのゲストへの結婚式のプロローグである招待状を、しっかりマナーを守りつつ自分たちの結婚式の雰囲気が伝わるものにすることで真摯な気持ちも伝わります。

 

関連記事として、招待状・席次表・席札などペーパーアイテムのお得情報や全体的な基礎知識、オリジナル切手等についてまとめたページと無料サンプルページをご紹介して終わりにしたいと思います。

 

格安で上質な招待状・ペーパーアイテムを用意するための全知識とお得情報まとめページ

 

 

なお、しっかりした紙を使用すると結婚式の披露宴・披露パーティのメニュー表らしい格式の高さ、お料理への期待感が高まります。このように、24時間365日、無料でサンプルを送ってくれる所を上手く利用し紙の厚みなど事前確認することが、失敗しないコツです。上記リンクから、1分でサンプル請求することができます。