結婚式当日に気づいた8つの「こうしておけば良かった」

入念に準備したつもりでも、当日はカンペキとはいかなかった結婚式。

 

本当に楽しかったですが、ハプニングやうっかり、はつきもの。それが結婚式。

 

実際に私が結婚式をしてみて、「こうすればよかった」「ちょっと気になった」

ことが8つほどありました。

 

 

誰かの参考になるかも、と思い式当日に携帯にメモしておいたものがあったのでここに記します。

 

 

【花嫁の必需品、ストッキングを忘れた】

基本的な持ち物なのに忘れがち。まんまと忘れ、新郎に近所のコンビニで買ってきてもらうはめになりました。みなさんストッキングと白いハンカチはお忘れなく・・・

 

 

【髪がしっとりしすぎててカールが取れてしまった】

前日にヘッドスパで髪の手入れをしたのが仇になりました。

スパ後は、つるっつるのしっとり~な仕上がりに大満足だったのですが。。。

 

髪の状態が良すぎると、むしろセットしづらいそうです。

前日はシャンプーのみでリンスをしない位の方がカールも取れにくく、髪にボリュームがだせるとのこと・・・ (髪質にも寄ると思いますが・・・)

前日は、サクっとシャンプーのみのヘアケアがおすすめです。

 

 

【時間が押してウェディングドレスで玄関前フォトできなかった】

思いのほか、花嫁の支度には時間がかかります。

私たちはうっかり10分遅れて到着。

それが大きく響きました。

花嫁支度が終わると同時に、挙式会場へタクシーで乗り付けて挙式。

式後は披露宴会場へまっしぐら。

披露宴会場となっていたミクニの玄関アーチがステキだったのでそこでウェディングドレス写真撮っておきたかったのに・・・無念でした。

指定の時間15分前到着をおすすめします。

 

 

【ブーケを上に持ちすぎてネックレスや胸元の刺繍がよく見えなかった】

みなさん、『ブーケを持ち慣れている』という方はいないと思います。

なので、どの位置で持つべきか?

を事前に知っておくのと知らないのとでは、当日の写真の完成度が違ってきちゃいますのでご注意を!

 

実際に自分の花嫁姿の写真を見ての感想ですが、

『おへその下で持つ』位が丁度いいです。

 

思わずみぞおちのあたりで持ちがちですが、

そうしてしまうとせっかくの上半身が隠れてしまい、写真で見た時にもったいないことしたな~と思いました。

 

私の場合、ウェディングドレスの胸元の凝った刺繍がウリのひとつだったのに・・・

ブーケと見事にかぶってます。

 

 

【花嫁の手紙の時マイクが近すぎた】

花嫁の手紙の際、新郎がマイクを持って新婦の口元に持ってきてくれます。

(花嫁は両手で手紙を持つので、マイクを持てないため)

 

この時、不慣れということもあり口元の超近くで新郎が持ってしまい、歯が当たったりするというハプニングが・・・

事前に「マイク持ってくれる時はちょっと離れぎみで」とお願いしておくと安心です。

 

【お辞儀の仕方を忘れていた】

ウェディングドレスの際、本来であれば西洋式のお辞儀(頭を下げるのではなく、ちょっとしゃがむようにするお辞儀のやり方)をするのが正しいのですが、

完全に忘れてしまい、ふつうの日本式お辞儀をしてしまっていました。

 

気が付かれないゲストも多いかと思いますが、西洋式の方が美しいしラクだと思います。

 

 

【妹が気が利かない内容のスピーチをした】

突然のサプライズで一言もらったので、本音?がでたのか「姉はワガママ」的なマイナスな話でちょっと残念でした。

(最後はオチがあって終始マイナスだった訳ではないですが)

やはり、慣れてない人にお願いする時は事前に「一言もらうかもよ~」位は伝えておくとベターだと感じました。

 

 

【笑い過ぎて笑顔の写真しかほぼない】

一日中、楽しすぎて笑い過ぎ、よく結婚式写真で見るような「おすましショット」が皆無。

時折神妙な顔もして、「キレイ目ショット」を残せばよかったな・・・と思いました。

楽しかったから、ま、いっかと思うことにしましたが(笑)

 

式当日、何が起こるかわからないものですが、

この記事が誰かの参考になって、より良い当日を迎えていただけると嬉しいです。