まつ毛エクステあれこれと注意ポイント

花嫁ビューティの一環として、私はまつ毛エクステをしました。

 

泣いても崩れない!

横顔にも華が出る!

 

ということでかなりおすすめなビューティ施術です。

 

花嫁は正面から、後ろから、横からと様々な角度で写真を撮られまくりますが、

まつ毛エクステをしておくと目元がぼんやり・・・ということを防げます。

また、特に披露宴は感動するシーンも多いですが、

泣いてもマスカラが流れてパンダに・・・ということにならずに済みます。

 

今日はまつ毛エクステの相場やあれこれ、注意事項についてアイリストさんから聞いた話をしようと思います。

 

 

写真が挙式直前のまつエク直後の私の目です。

 

これで両目80本。

真ん中を長めにつけてもらうことで、

目の縦幅を広げてもらいました。

 

【まつエクの相場】

だいたいのまつ毛エクステの相場としては、つけ放題で10000円前後の所が多いようです。

私の場合、友人の友人がちょうど個人サロンをやっていることが分かったため、

紹介してもらい5000円つけ放題でやってもらいました。

(そのサロンは、個人が自宅でやっているとこなので、

 もともとの値段設定が5000円、お直し2週間以内3000円、3週間以内4000円という

 良心的な設定でした。)

 

まつ毛エクステを実際にやってもらい、

カウンセリング・説明を受けた中で知ったあれこれがこちら。

 

【デザイン】

大きく分けて、下記3タイプ。

◆目尻寄りを中心に長い毛をつける

やや切れ長で大人っぽい印象に。

何もしなくてもアイライナーをキリッと引いたような感じになる。

ネコ目っぽくなるイメージ。

 

◆全体にまんべんなく長めにつける

比較的ナチュラルな印象に。

まつ毛が扇型に広がる形なので、デカ目効果が大きい。

 

◆真ん中を中心に長い毛をつける

目の真ん中、つまり黒目の上が強調される形になるので、

黒目の印象がやや強くなる。

比較的目の縦幅が大きく見え、丸目のイメージに。

目尻寄りにつけるタイプとは対照的に、女の子らしいやさしい印象。

 

※私はこの中で1回目は目尻寄りのものにしてみましたが、

ちょっと後悔。もともと目の横幅が長目なので、キリッとなりすぎました。

本番前に再施術してもらう時は、写真の真ん中強調タイプにし、大満足でした。

 

【本数】

まつ毛は、人によって生えている本数に差があるそうで、

まつ毛1本にエクステを1本つける形となるため、

何本つけられるかも人によって異なってくるとのこと。

 

一般的には、本数による仕上がりイメージは下記のような感じだそうです。

◆50~60本ナチュラル

◆80本行き過ぎないレベルにボリューム・インパクトアップ

◆100本かなりバッチリ!!迫力アイに

 

※私はMAX載せて80本でした。

 それでも、しっかり、明らかに目力アップ!!すっぴんでもメイクしてるみたいです。

 自分のMAXの本数を載せた上で、皿に印象を強くしたい場合は、

 本数を増やすのではなく、毛字体の太さを太くすることになるそうです。

 

【注意事項】

エクステをまつ毛につけるグルー(接着剤)が、

まれに合わない方がいるとのこと。(かゆみがでてしまうなど)

なので、本番前にいきなり施術するのではなく、

事前に一度お試し施術をすることをおすすめします!!

(私も実際に結婚式でエクステをした先輩からこのアドバイスを受けました。)

 

一度お試しをすれば、自分により合うデザインも見つけやすくなりますしね!

 

素敵な目元を見つけていただければ幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加