結婚費用節約術と基礎知識~結婚指輪編

このエントリーをはてなブックマークに追加

一生つけるものだから、とことんこだわって選びたい!そう思う方も多い結婚指輪。私自身もそうでした。このページでは、結婚指輪の費用・相場や、結婚指輪の基礎知識、長くつける指輪として注意すべきポイント、賢く上質なものを安く手に入れるためのコツなどをまとめました。


【平均金額 (相場・平均費用) 】

結婚指輪の首都圏平均:26.0万円 (2人分)

 

【私達の場合】

実際に購入した指輪
実際に購入した指輪

8.6万円(17.4万円節約!)

・材質はPt900

・女性用にはダイヤモンド入り(0.07ct)

・内石としてロイヤルブルーサファイア付

 

 

【費用内容】

御徒町のガラOKACHIMACHIという宝石卸メーカー経営のお店で購入。

 

百貨店の三越や・松坂屋にも卸しているプラチナジュエリーメーカーで、商品の企画・製造・販売まで一貫して行っているので無駄な中間コストがない。

だから同じデザイン・材質でも一般の半額近くの値付けになっているものも。

 

ブランドショップ含め色々な店を回りましたが、下記のような他ショップにはない特典・特長もあり、購入を決定しました。

 

①指輪のサイズを細かく指定できる

(例えば、9.2号、9.5号など。新潟に自社工場を持つショップならではです。)

 

②工場直送なので誰の手にも触れられてないバージン性

(通常のショップでは、工場⇒卸問屋⇒ショップ⇒個人 と多数の手を介する)

 

③指輪を入れてくれるギフトボックスがリングピローになっている

(結婚式で使える実用品であるのがポイント)

 

④デザインが非常に豊富

卸メーカーだからでしょうか。某大手国内ジュエリーメーカーの3倍は種類がありました。

 

 

結婚指輪を選ぶポイントとは?

◆デザインの普遍性を重視

マリッジリングは基本的に、結婚後はずっと身につけるもの。毎日・様々なシーンで・色々な服装で・年輩になっても身につけるものです。ですので、下記の点に留意して選ばれると良いでしょう。

 

①毎日つけても飽きないか?

②服装やシーンを選ばないか?

③年輩になっても似合うか?

(結局シンプルなものが長く愛用できると思います。)

④ずっとつけていて邪魔な感じ・違和感がないか?

(あまり凹凸があるものは△。試着の際に、指をにぎったり開いたりしてみましょう。)

 

 

◆経年変化を考える

結婚指輪に選ばれることが多いプラチナ。純度によってPt○○と記載されています。

例:Pt900(純度90%)

 

基本的に、純度が高くなるほど硬度は低く、柔らかくなります。そこで、ハードプラチナというプラチナにほんの少し異素材を入れ、強度を高めたものがあります。純度が高いプラチナが良いけど、傷や変形が心配な方におすすめ。ただし、デメリットとしては変形しにくい=サイズ直しが難しいという点もあるのでショップの方とよくご相談してください。

 

 

◆すこしゆとりのあるサイズにする

年輩になると、大抵の方は今よりサイズアップする傾向が、現時点でピッタリ!のものにすると、後々困る可能性が。指輪のサイズ直しや交換を行ってくれるアフターサービス付がほどんどですが、時間と労力、ショップによってはコストもかかります。

 

◆早めに用意する

結婚指輪は内側に日付や名前を入れたり、イチからつくるケースも多いため、意外と注文してから完成まで時間がかかります。私たちの場合は、1.5か月かかると言われました。下記の目安所要期間を参考に、早めの準備を心がけましょう。


フルオーダー:1~3か月

セミオーダー:2週間~1か月

既製品:即日~1週間


※実際の所要期間はショップによって異なるので、上記はあくまで目安とし、お店に直接ご確認ください。

 

 

節約ポイント

◆プラチナにこだわらない

1gあたりの平均相場(2015年10月時点)は、

プラチナは3,590円

ゴールドは4,327円

パラジウムは2,660円

女性用の10号で4gぐらい、男性用は6gです。

指輪としての売価でも、上記のg単価順に設定されています。

 

3番目に書いたパラジウムですが、プラチナと同じ白金属に分類されるレアメタル貴金属。節約したい方はこれを選ぶのもひとつの手です。

 

パラジウムの特長としては下記4点があります。

①プラチナに似た白く明るい輝きをもつ

②プラチナよりも硬度が硬く、傷つきにくい

③重量がプラチナの約半分なので、軽い

④経年変化しにくい(錆びない・変色しない)

 

指輪として、プラチナの半額以下の値付けとなっているケースが多いようです。

 


ブランドにこだわらない

ティファニーの指輪もノーブランドの指輪も、指にはめてしまえば一見してはわかりません。指輪は、ダイヤモンドの4Cと素材(プラチナ950など)が同じであれば品質自体は同じものと割り切るものひとつの道です。

 


◆ブランド品を買うならブライダル制度を活用

デパートのブライダル会員

の活用をおすすめします。

通常であれば割引が効かないブランドジュエリーでも、デパートにテナントがあれば5~10%引きに!!

 

デパートによってはさらにポイントがつくケースもあって二度美味しい。ブランド直営の路面店よりも、デパートのテナントで購入がお得です。

 

また、デパートに入っている多くのジュエリーブランドは、定期的にブライダルフェアを実施しているので、タイミングが合えば是非その特典も利用しましょう。

(クリスマス前後やホワイトデー、秋に開催が多いようです)


下見に行った際にショップの店員さんが必ずと言ってよいほど顧客登録を勧めてくるので、そこで無碍に断らずに登録すると、フェア案内を送ってもらえます。

 


ドレスショップ・式場等の提携店を活用

ドレスショップや結婚式場では、提携しているジュエリーショップあり、10~25%オフになるケースがあります。

 


共済ブライダルを活用する

都道府県の共済組合では、ブライダルサービスを行っているところがあり、結婚指輪を格安で提供している場合があります。共済保険へ加入している会員であることが利用条件ですが、市場価格の1/5以下で購入できる共済もあるので、一度チェックしてみては。

 

詳しくは ⇒お得な共済ブライダルプラザ

 

 

おすすめ情報

指輪を選ぶ上では、自分の指や肌色に合わせてどんなものが良いか事前に検討しておくことが一番重要。下記にタイプ別の似合う指輪のポイントをまとめてありますので、よろしければご参考ください。


⇒  後悔しない婚約指輪の選び方と指・肌色タイプ別似合う指輪選びのコツ



また、ここから先は、実際に私たちが結婚指輪を購入し、コストパフォーマンスが高いと感じたショップをご紹介します。

 

ガラOKACHIMACHI 

デパート、路面店、町のジュエリーショップ等、いろいろ比較検討した結果実際に私たちが利用決定したショップ。国内新潟に自社工場を持ち、都内多数の百貨店に卸している品質の確かさ。卸しメーカーならではのデザインの豊富さ、(ここで買わなくても、デザインの検討のためだけに行っても使えそうです。)そして一番のポイントはコストパフォーマンス の高さ購入特典にリングピローがついてくるのもうれしいポイントでした。

御徒町にある店舗の外観。豪華ではないですが、清潔な感じです。(映っている店員さんは、私たちを担当してくれた謝さん。日本人と台湾人のハーフだそうです。他のスタッフは日本人がほとんど。)

明るい店内。結婚・婚約指輪は地下1階でした。

専属の担当者がつき、詳しく丁寧に教えてくれます。

かなり教育がしっかりしているようで、その丁寧さに感激しました。

こちらが2012年4月21日に受け取ってきたパッケージ。

中身はリングピローになっていて、本番用ピローの材料としても、そのままでも使える優れもの。こういう気遣いもちゃんとしているお店でした。


まずは欲しい指輪のイメージを固めてから、ネットなどでリサーチした上でショップに行くとお得に賢く理想の指輪に出会えるかと思います。私の体験が、ご参考になれば幸いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

管理人の出版物

 

すぐに役立つ技術を網羅した実用書。アマゾンのプライム会員か、Kindle Unlimited会員なら無料で全て読めます!!

 

会員でなくても、このリンクからすぐに内容が見られます。