結婚費用節約術と基礎知識~両親へのギフト編

このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで大切に育ててきてくれた両親への感謝を込めたギフト。両親が喜んでくれるような、素敵なものを用意したいですよね。


このページでは、両親へのギフトにどんな種類のものがあるのか、どう選べばよいのかのポイントをまとめてあります。また、結婚式関連ギフトは、全く同じものでもショップによって値段が高かったりすごくお得だったりするため、上質なものを格安で入手できるおすすめショップ情報もご紹介しています。感動してもらえるギフト選びの参考になれば幸いです。


【平均金額 (相場・平均費用) 】

首都圏平均:3.4万円

【例】

  • ウェルカムベアを兼ねた体重ベア:2万円程度(2体)
  • プリザーブドフラワーのアレンジメント:1万円程度
  • 生花の花束:0.7万円程度
  • 名入れのグラスや焼酎:0.7万円程度
  • 旅行券:2万円程度
  • 温泉などの体験型ギフトカタログ:1万円程度

【私たちの場合】

1.3万円(2.1万円節約!)

※品物を他のものにしたり、質を多少妥協すればもっと節約できたのですが、いろいろ考えた結果こうなりました。

 

【費用内容】

実際に両親へのギフトにしたアルバム
実際に両親へのギフトにしたアルバム

インターネットのフォトブックサイトにて、ハードカバータイプアルバム2冊を作成・購入。(24Pで構成されているもの)

 

ハードカバー且つ写真品質の印刷を選んだので、1冊6480円、送料525円、計13485円と格安ではありませんが、仕上がりは最高です。

 

新郎新婦の幼いころから出会い、結婚に至るまで(両親の元を去るまで)のヒストリー形式にしました。両親にとっては、やはり我が子の写真がたくさん載っている方が喜んでもらえると思ったので、同じものを2冊用意するのではなく、新郎版ヒストリー、新婦版ヒストリーと個別に作成。

新婦版の両親へのギフトアルバム
新婦版の両親へのギフトアルバム

 2人の出会い以降は少なめにし、本人の成長過程の写真を多めにしました。

 

学校の入学・卒業時など、節目のページにはきちんと「○年4月、○○学校入学」と大き目に文字を入れることでヒストリー感を演出。

 

各ページには手書きでメッセージを、最後のページには本人からのお礼と、旅立ちにあたっての決意等を記入。最後のページに手紙を書き、感謝状も兼ねた感じにしました。

 

両親へのギフトを選ぶポイント

◆記念になるもの・残るもの

誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントとは異なり、渡すチャンスが一生に一度だけのプレゼント。

 

消費物(食物、旅行などの体験物)を送るのももちろん素敵だと思いますが、感謝状を添える、入れ物に名前・日付を入れてとっておけるようにするなど、何かしらが残る形にする方がより記念になる気がします。

 

◆離れて見ても何を渡しているか分かるもの

意外と見落としがちなのがこのポイント。司会者が口頭で説明はしてくれるものの、聞き逃してしまうことも十分考えられます。ゲストの席から見るとやや離れていますし、両親に手渡す時に新郎新婦は当然ながら両親の方を向いてギフトを持っている。後ろから見るゲストからすれば、何をしているのか見えにくいと思います。(自身がゲストで出席した時に経験あり。結局、何をあげたのかわからなかったことがあります。)

 

何を渡しているのか分かると、ゲストの感動もより深くなりそうです。

 

◆両親の好きなもの

いくら鉄板の両親ギフトと言えど、贈る相手の好みに合っていない場合、結婚式後に帰省した際、押入れで発見・・・なんてことにもなってしまう可能性が。(シックなインテリアの家庭に、かわいい体重ベアの贈り物など)それでも式瞬間の感動には十分一役買ってくれるとは思いますが、せっかくなら、式後も大切に、使ってもらえる・飾ってもらえる方が嬉しいですよね。

 

プレゼントの基本ではありますが、相手の好みや趣味・考え方(ブランド主義か、ハート重視か、実用主義かなど)をしっかり考慮した上で選ぶと、より喜んでもらえると思います。

 

お酒好きのお父さんには日付・名前入りの日本酒を(もちろん飾る用)、お花を飾る習慣があるおうちならプリザーブドフラワーアレンジを使ったもの、写真をたくさん撮る家で、自宅にはアルバムがいっぱいあるならオリジナルアルバムを、などなど、両親のことを思い浮かべながら、ギフトの候補を考えると良いかと思います。

 

節約ポイント

手作りする

何と言っても手作りするのが一番の節約になります。手先が器用でなくても、お金をたくさんかけなくても、アイデア次第で素敵なものがきっとできます。

 

私たちが作った新郎新婦ヒストリーアルバムも、写真をプリントして直接アルバムに貼り、手書きでメッセージを書いて作ることも可能。あたたかみのあるギフトになりそうです。

 

インターネット通販でオーダーする

ギフト検討にあたり、さまざまなリサーチをしてみましたが、やはりネットオーダーは比較的安い傾向にあります。実店舗を持っているお店よりも、店舗運営費や人件費がかからない分、売価を安くできるんだと思います。以下に、おすすめできるな~と思ったサイトを載せてますので、よかったらご参考ください。

 

◆同じものでも割引が効くルートで購入する

同じ体重ベアでも、販売しているお店によって値段が異なります。○%引きなど、割引が効く場所がありますので、そういった所を選んで買うと、同じ品質でコストを落とせますよ!

 

おすすめ情報

節約に役立つ、おすすめサイトや情報をご紹介します。

◆その他ネットでオーダーできるアイテム

上記サイトには、WEB限定のお得で素敵な両親へのギフトアイテムがそろっています。実際に両親への贈り物に利用した先輩花嫁の感想・コメントも載っていて非常にリアルな参考になります。

贈る方の名前を詩(ポエム)にしたためる、心あたたまるプレゼント専門サイト。

 

ハガキタイプに写真付タイプ、ちぎり絵タイプなど種類が非常に豊富なので、自分とご両親のイメージにぴったりのものがきっと見つかると思います。(注文後ひとつひとつ手作りするため、納期は約2週間だそうです。)

 

本当に、ひとつずつポエムも含めイチから作るので、たとえば、同じ「広子」さんのポエムを2回お願いした場合、違うポエムができあがってきます。

 

私は、妹の出産祝いで姪っ子の名前でポエムを作ってもらって贈ったのですが、世界にひとつのアイテム、ということで非常に喜んでリビングに飾ってくれていました。 

 

下記にいくつか素敵だなと思ったものを載せていますが、ほんの一例です。(お値段は、5250円~)

 

※各写真かテキストをクリックすると、直接詳細情報に飛べます。

両親の名前を心を込めた詩(ポエム)にして、感謝を伝える最もベーシックなバージョン。(更にシンプルで安いものもありますが、両親へのギフトとして一番人気はこちらだそう。)

一番ぐっと来たのがこちら。


新郎新婦が生まれたその日から、結婚式までの日数を数字で大きく入れてあり、しかも好きな写真を2枚セットしてくれるネームインポエム。こんなに長い月日、育ててきてくれた・・・そんな感動が、呼び起される粋な演出。他にはない心に響くアイテムだと思いました。

 

写真をたくさん貼ってもらえるタイプや、上記のようにアルバムの表紙をポエムにしてくれるアイテムもあります。結婚式を自分がしてみてしみじみ思ったのは、両親があんなに一生懸命撮っていた写真たちは、本当に愛情の軌跡、家族の思い出なんだなということ。


その集大成として自分自身、アルバムを作ってプレゼントしたのですが、こういった、世界にひとつのポエムと一緒になっているものも素敵だったなあと感じました。

 

新郎・新婦が生まれた時の体重で作る体重ベア。

命の重みが伝わり、お父さん・お母さん・会場ゲストも感動していただける、王道アイテムです。

生まれた時、こんなに小さかったんだな~、と結婚式で受け取った両親に思い出と感謝を手渡せます。

(私も妹の結婚式で泣きました。)

 

その体重ベアが、ポエムが表紙になったアルバムを首にかけています。

3つの両親ギフトをひとつにしたよくばりアイテム。少しお値段は張りますが、

感謝をぎゅっと込めた贈り物になりそうです。

世界でひとつだけの贈り物をつくれる。両親への感謝を伝えるのにぴったりな贈り物ですね。




お酒が好きなお父さん、お母さんにぴったりな、名前のポエムが入ったお酒のギフトもあります。

 

名前入りお酒のプレゼントはネットで見かけたことがある方もいるかもしれませんが、名前だけでなく、感謝の気持ちを込めた世界でひとつの詩(ポエム)が入っているサービスは非常に珍しいです。

 

上記リンクにさまざまなアイテム例があり、各個別ページではどんな詩が込められるのかの例や、実際に利用した方の声が見られます。

 

お酒の種類は多岐にわたり、おめでたいスパークリングワインから、白ワイン・赤ワイン・日本酒に麦焼酎まで、大切な両親の好みにぴったりの1本を選ぶことができます。贈った後に皆でお祝いのパ―ティをして飲んでも良し。(ボトルはずっとその後も飾っておけます。)飲まずに飾って熟成させても良し。

 

結婚式のギフト以外にも、母の日・父の日にも使えそうな、気が利いたギフトのアイデアです。

 

 


◆ネットで体重ベアを購入する場合

両親へのギフトの王道体重ベアから、引菓子、プチギフト、ペーパーアイテムに、ウェルカムボードまでなんでも揃う、インターネットショップです。

 

楽天市場内にショップがあるので、楽天ポイントも大量に稼げて、次のお買い物に使えるのが嬉しいポイント。特長は下記の通りです。


  • 体重ベアは全品送料無料!!
  • 値段が定価の20~60%オフで常にお得。
  • 岐阜県に実店舗のショールームあり

 

デメリットは、通販なので実物確認ができないこと。事前にメールや電話で相談にのってもらえるので、気になる方は素材感や商品詳細など、確認されることをおすすめします。

 

※以下、各写真をクリックすると、大きな画像と詳細、類似アイテム一覧が見れます。

シンプルなもので良いから、王道アイテムをお得に欲しいという方にぴったりなのがこちら。

上記リンク先より、購入者の実際の声や、その他様々なデザインが見られます。名前・体重等だけでなく、ご両親へのメッセージも刺繍してくれるのが他のお店とは違うポイント。

※14日前までに注文が必要です。

 



◆オリジナルアルバムを作ってギフトにする場合

 

次はオリジナルアルバムのおすすめサイト紹介。生まれてから大人になるまでの自分と両親の軌跡を集めたヒストリーアルバムなんていうのも、感動してもらえそうです。

 

デザイナーさんがつくってくれるタイプ、データを送るだけでおまかせでできるタイプなど、探せばお手頃なサービスが結構あります。

お得に本格的で結婚式という場でのギフトになり得るアルバムを作りたいなら、こちらがおすすめ。アメリカ最大のプロフォトグラファー団体から、アルバム部門でトップを何度も受賞している品質にこだわったアルバムがネットでポチッと作れるコストパフォーマンスが素晴らしいネットショップです。

 

私がフォトブックを作るのに利用したのはDream Pages(ドリーム・ページ)というサイトでしたが、全てのページのレイアウトと文字入れを初めから自分でする必要があったため、時間がかなりかかったのが難点でした。(だいたい4〜5時間くらい実はかかりました。)

 

両親へのギフトにする場合、結婚式やハネムーンの写真を本格的なアルバムにお得にしたい場合は、オーダーにかかる時間と出来上がるアルバムのバランスが重要です。クオリティが高くても準備に5時間もかかるとなると、日本人の平均的時給は正社員の場合2300円ですので、自分の時間を金額で考えるとアルバム準備の段階で、まず1万円以上実はかかっていることになります。お得に素敵なものを作ろうとしているのに、本末転倒ですよね。

 

その点このマイブックは、書店などに並んでいる写真集か?と思うくらい素敵なレイアウト・エフェクト(写真演出)が入ったテンプレートが非常に豊富なので、テンプレートに写真をドラッグ&ドロップしてあてはめ、テンプレートの文字をダブルクリックして自分の好きな文言に変えるだけで簡単に本格アルバムができあがります。

 

自分が両親へのギフトアルバムを作る時にこだわったポイントは、「本に直接メッセージや文章を印刷してくれる」点でした。(これは珍しいサービス。だいたい、写真のみのフォトブックが多いです。)

また、「ハードカバータイプの品揃えがある」というのも、ギフトにふさわしいしっかりしたアルバムを作るのにGOODです。また、「レイアウトを自分でできるため、自由自在な構成にできる」のも、オリジナリティの高いものができて決め手のひとつになりました。

 

そしてこのマイブックは、本に文字を入れられる本格ハードカバー「テンプレートの中の一部を変えることも簡単にできてレイアウト自由ということに加え、所要時間が短いという最強のサービス。(24ページの海外挙式&ハネムーンアルバムで写真取り込み・編集作業全て込で1時間かかりませんでした。)

 

しかもなんとウインドウズだけでなく、MAC(マック)でも作れるところ。(かなり多くのフォトブックアルバムはウインドウズ用のみ対応なのです。)

 

ハードカバータイプで2268円(10ページの場合)と価格もかなりお手頃。実際に、私の場合イタリア挙式&ハネムーンの写真を時々見るために、大判の30センチサイズで作って家に飾っています。

マイブックで自分で作ったイタリア挙式&ハネムーンアルバム
マイブックで自分で作ったイタリア挙式&ハネムーンアルバム

仕上がりはかなりキレイで、テンプレートを使ってあてはめただけなのに、写真集のような仕上がり。ほぼ写真と同じ画質で、扱いが楽で耐久性があって、見やすいため何度も気兼ねなく見ることができます。CDサイズのアルバムから、写真のような縦横30センチの本格大判アルバムまでなんでも作れちゃいます。(大きさが分かるように、スマホと並べてみました。)

 

こちらが実際に作ったアルバムの中身。写真集のようなレイアウトがもうテンプレートであるので、そこにぱっぱと自分の写真を選んでマウスであてはめていくだけ。文字も、旅の思い出や挙式日を入れたり自由自在で完成度が高くできました。(私が使ったテンプレートは、「ウェディングデイ(正方形)」というタイプ。

背表紙にはイタリア挙式の教会を素敵に印刷。ハードカバータイプで、アルバムの背にもアルバムタイトルを印刷してくれるため、本棚に並べても見やすいです。最後の写真は表紙の上にプラスチックのカバーを置いたものですが、汚れたり傷がつかないようにこういったカバーまでつけてくれます。

 

私が実際に使ったウェディングデイというテンプレート以外にも、プレゼントにぴったりなプレゼント専用のレイアウトのもの、思い出をシンプルにまとめられるもの、まるで映画のようなものなどいろいろ素敵なものがそろっています。どんなテンプレートがあるのか、先輩花嫁が作った事例も載っているこのページをまずは見てみることをおすすめします。

 

 

おまかせ!フォトブック

 

自分でレイアウトするのは面倒、という方にはこちらがおすすめです。

 

こちらのサイトの良いところは、下記の通り。

  • データを送ればスタッフさんがひとつひとつレイアウトして作ってくれる
  • 「価格が送料込で4,400円~とレイアウト費用込でお得」
  • 「USBでデータを送ることも可能」
  • 「初回無料キャンペーンあり」

 

デメリットは、写真のみの掲載で、ページごとに文字を印刷はしてくれないところと、写真の修正(暗い写真を明るくなど)はしてくれない点。両親へのギフトに関しては、文字入れは私たちの必須事項だったので、お値段にも魅かれたものの両親ギフトはDream Pagesさんに決めました。が、ハネムーンアルバム・イタリア挙式は写真のみの簡単なアルバムも作りたかったので、ハネムーン・結婚式の記録に利用しました。サイズは小さめです。

 

こちらが実際に作成したアルバム。左が表紙、右が開いた中面です。

 

1つずつ手作業で製本するそうで、ハードカバータイプでクリアケースつきです。

 

写真をアップロードするだけで、スタッフさんがレイアウト・トリミングまでしてくれるのでとても簡単!気軽さがピカイチなので、今後も利用しようと思っています。

 

 

こちらも、写真を送るだけでアルバムをプロのスタッフがデザインして仕上げて届けてくれるワンランク上のサービス。おまかせ!フォトブックにない点は、プロがレイアウト・トリミングしてくれるのに加え、写真の色補正などレタッチまでもしてくれる点です。「おまかせ!フォトブック」の方が少しお値段もお得ですが、写真補正サービスはないため、大事な思い出の写真、小さい頃の写真など、逆光だったり暗いものはそのままアルバムになってしいます。

 

大切な写真を忙しくても素敵に且つお得にアルバムにしてギフトに活用したい方には、おまかせマイブックの方がおすすめです。

 

<メリット>

  • データを送ればプロのスタッフさんがひとつひとつレイアウトして作ってくれる
  • 「価格が送料込で6,264円~とデザイン費・レタッチ費用込で高品質なのにお得」
  • 「USBに写真データを移して送るだけで手間も時間もかからない(パソコンから指定のソフトにダウンロードしてデータを送る他社の場合は、結構ダウンロードに時間がかかります)」
  • 注文後30日以内なら追加で増刷して両親などにプレゼントすることも可能
  • ハードカバーでクリアケースつきなので長期保管に便利

 

<デメリット>

送料が1回につき432円かかることと、文章をアルバム内に印刷はできないという点。絵本のように、メッセージやストーリーを入れたい方よりも、写真中心の高品質なアルバムを求めている方にぴったりです。

 

おまかせMy bookのアルバム例
おまかせMy bookのアルバム例

こんな感じで、プロの業者にお願いしたのと同様、しっかりと製本された本格的なフォトブックが簡単に作成できます。

時間はないけど、あるいは自分の時間を大切にしたいけど、本格的なアルバムを残しておきたい方にはベストなショップです。

 

補足編~古い・昔の写真をデータ化するには

昔の写真って、デジカメで撮っている今とは違って、データはないですよね?あってもネガとかでしょうか。それを両親へのギフトやプロフィールビデオなどに使う場合、一旦データ化する必要があります。

 

その方法は、別ページに詳しくまとめてあるのでそちらをどうぞ。

 

⇒ 昔の写真のデータ化

 

 

番外編~受付やプランナーさん等のお礼にぴったりなおすすめショップ

結婚式を行うにあたり、いろいろな方にお世話になることと思います。その中で、ちょっとしたギフトを探す機会って結構多いんです。いろいろ検討した結果、私たちが実際に利用し良かったギフトショップをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

 

◆女性の方へのちょっとした心遣いに最適なギフト

ちょっとしたお礼のギフト等に最適な、イニシャルハンカチが豊富なハンカチーフ専門店。

 

楽天ショッピング内にあるお店ですが、上品なイニシャルハンカチが840円~とお手頃です。私たちはプランナーさんへのお礼に利用しました。

 

〇〇さんのイニシャルが入ったタイプなんですよ、とご説明すると、わ~!と喜んでくれました。

 

お金をお礼として渡すことも考えましたが、その方のために選んだ理由と一緒に渡すと、気持ちが伝わるような気がしてギフトを差し上げることにしました。

 

イニシャルもの以外にも、「Thank You」等メッセージが入ったタイプの「グリーティングハンカチ」も豊富です。ラッピングもきちんとした箱だと有料(315円)ですが、無料の封筒型のものもあります。ちょっとした友人へのプレゼントにもぴったりだと思います。

 

イニシャルコットンハンカチ。お手頃な1080円。

シンプルなコットン素材で、どなたからも喜ばれます。

冠婚葬祭に欠かせないけど、意外と持っている方が少ないもの。そんなアイテム、袱紗に名入れをして販売してくれるお店です。こちらも楽天のお店。出不精な私、気づくと楽天にお世話になってばかりでした。

 

私たちは、受付をしてくれる新婦側の友人達にと、こちらで慶事用弔辞用のセットのふくさを購入し、名前を入れてもらいました。そのお値段2100円。かなりお得で見栄えも良い代物です。

 

名前はきちんと漢字で刺繍してくれるので、オリジナル感が一層演出できると思います。

 

その他、風呂敷等さまざまな和風雑貨がそろっています。

 

 

私たちが購入したのはこちらのセット。箱入りなのできちんと感も出ますし、寿の熨斗ももちろんつけてくれました。慶事用と弔辞用のセットです。メール便でも送付可能なので送料もお安いです。

 

 

◆男性の方へのお礼に最適なギフト

本格革小物に、名前や記念日、メッセージなどを刻印してくれるショップです。こちらも楽天市場のお店。通常ですと、平たいブックカバーや手帳等にしか、刻印ができないというお店が多い中、こちらはペンケースやメガネケースなども立体的なものにも名入れ彫刻ができるのがポイント。

 

私はペンケースにフルネームを刻印してもらったものを、結婚式の司祭様にプレゼントしました。

 

メッセージカード及びお礼のお金と一緒にお渡ししつつその場であけてもらい、先生の名前入りのペンケースなんです、と説明。そして先生の使っている手帳(赤)とおそろいのワインカラーを選んだと伝えたら、とってもよろこんでもらえました。


 

やっぱり名前入りのものは、「世界にひとつだけ、貴方のためのもの」という感じがして喜ばれます。

 

刻印サービスが充実しているだけではなく、革小物の種類も豊富。財布や名刺入れなど一般的なものからなんとコースターまで。一見の価値ありです。

 

ただし、名入れには7日間ほどかかるので、その点だけご注意ください。そして一番気に入ったのはお値段。革小物と言うととかく高くなりがちですが、私たちが購入したペンケースは当時2900円刻印代525円を入れてもかなりお安い&お得な買い物でした。

 

色の種類も豊富。私たちはこのペンケースの「ワイン」を購入しました。

人気No1は名刺入れとのこと。3045円というお手頃な値段とアイテム的にもギフトにぴったりです。

他にはブックカバーやお財布も人気だそうです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

管理人の出版物

 

すぐに役立つ技術を網羅した実用書。アマゾンのプライム会員か、Kindle Unlimited会員なら無料で全て読めます!!

 

会員でなくても、このリンクからすぐに内容が見られます。