結婚費用節約術と基礎知識~リングピロー編

※写真クリックで詳細が見られます

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

これだけは手作りに挑戦しようかな・・・と思っている方が多い項目のひとつ、リングピロー。私も手作りしました。自分で作ると思い入れもひとしお。式がより思い出深いものになります。


このページでは、リングピローの基礎知識に加え、手作りする方のための強い味方・100円均一の活用法、その他手作りに役立つ素材屋さんや手作りキットショップ情報などをまとめています。


もちろん、忙しいし自分で作るより完成したものをお得に手配したいと言う方にもピッタリなお得なショップ情報もピックアップ。少しでも、お役に立てれば幸いです。


【平均金額 (相場・平均費用) 】

リングピローの相場:

完成品:2000円~1万円

手作りキット:1500円~

※デザイン、購入場所によって異なります。

 

【私たちの場合】

実際に自分で手作りしたリングピロー
実際に自分で手作りしたリングピロー

2000円程度(完成品の最安値同等のお値段!)

100均のグルーガンリボン激安花材を活用したので、お得な100均アイテム・格安アイテム・ショップの情報を、このページにて後述しています。100均は手作り派の味方!

 

 

【費用内容】

プリザーブドフラワーを使用したリングピローですので、完成品を購入する場合、5000~8000円は最低する代物です。仕上がりの見た目に対する値段の秘密は、何と言っても手作りしたこと。

 

結婚指輪を購入した時についてきたリングピローを土台に利用。(特典でもらえるものを活用することでコストダウン!)

 

浅草橋のアクセサリー問屋、

にて購入したハート型のアイアンカゴにハート型ピローをセットし、周囲をネット問屋など激安花材店で購入したプリザーブドフラワーで囲む。頭部分にプリザと葉もので作ったミニブーケを乗せて完成。

 

材料やパーツを接着する道具としては、ダイソー・100均のグルーガンとグル―を利用しました。100円均一は、手作りの最強の味方。リングピローでもウェルカムボードでも活用しました。100均や激安素材の情報や活用法は後述しますね。

 

手作りすることで、節約できただけでなく、イメージ通りの仕上がりにもなりました。

 


リングピローあれこれ

◆そもそも、リングピローとは?

挙式時に、結婚指輪を乗せて運ぶための台・クッションのようなもののこと。以前は、完全にクッションタイプのものが主流だったようですが、最近のリングピローは実に様々なものがあります。

式後の耐久性を考慮した、ジュエリーボックスタイプのもの、アイアンワイヤーに指輪をひっかけるタイプ、私たちが作ったような、プリザーブドフラワーを利用したものなど・・・いろいろインターネット上にも画像が流れてますので、ご自分で見てみて、イメージの方向性を固めるとよいかと思います。

 


◆リングピローの由来

古代エジプトでは結婚式が行われている間、宝石を装飾的な枕状のものの上にのせて飾っていた。召使などが王族、皇族方に何かを渡す際、直接手で渡さずピローにのせて渡していた。その後、ヨーロッパで結婚指輪を交換することが一般的になったが、前述の習わしが結びついて、指輪をピローで運ぶことが習慣化されたとのこと。

 

ウィキペディアによると、古代ヨーロッパでは、リボンや縄で自分たちを一つに結ぶ事が「約束」を意味し、その事で結婚を表現していたので、リングピローについている紐には「お二人の愛の誓い、愛を約束する」という意味が込められているという話です。なので、形状は様々なれど、リングピローに「紐(リボン等)」はついているタイプの方が、伝統に沿ったものと言えそうですね。

 


◆リングボーイ・リングガール

結婚式で、結婚指輪をリングピローに載せて、祭壇まで運ぶ役割をする新郎新婦の家系内の小さな子のこと。通常10歳以下の子が務める。リングベアラー(運び屋)が持ってきた指輪は、新郎の親友(ベストマンと呼ばれる)か、設定がない場合は牧師さんが、新郎新婦に指輪を渡すか、ベアラーのピローにはイミテーション指輪を置いておき、本物をベストマンまたは牧師から渡してもらうようにするのが通例。

 


◆リングピローは結婚式後、幸せバトンとして使える

新居に飾っておく、という以外にも活用方法があります。

 

結婚する友人に貸す、という方法です。「サムシング・ボロウ」と言い、結婚する際に身につけると良いと言われている4つの事柄のひとつとして、「誰かから借りたもの」があります。幸せのリレー、また友人の節約にもなるという意味でも、この使い道も素敵だと思います。私たちは、結婚式時に使うティアラを親友から借りて使いました。

 


節約ポイント

◆手作りする

何と言っても手作りするのはかなりの節約になります。ただし、手間とコストと総合的に考えると、完全な手作りよりは、市販されているキットを安く購入し、パーツを組み合わせるだけ、と言う方法が一番お得だと思います。

 

イチから作りたい方は、100円均一の活用も賢い方法。今の100均には、様々なパーツ・材料が売っていますよ。忙しくてなかなか100均に行けない、思ったものを探すのが大変、という方にぴったりな、ネット展開している100均のお店、激安手作り素材店などもあります。

 

そこで、手作り派に絶対おすすめな最強3種の神器についてご紹介します。

1.100均手作り派の必殺アイテム グルーガン

まずは、何はともあれ絶対必要なのは、グルーガン。ダイソーでも324円で売っていますが、ネットでも格安で売っているところがあります。(※上記リンク先に、使用者の声や活用方法が載っています。)ネットだとすぐ届と買いに行かなくて良いので便利です。

 

グルーガンは、ウエルカムボードにリングピロー、テーブルラウンド時に使用する演出アイテム、ゲストの引き出物用ネームタグ、あらゆる結婚式アイテムの手作り時に活用しました。

 

土台となるもの(ボードやリングピローのカゴなど)と飾り(リボン、造花、プリザーブドフラワー、パールなど)を簡単接着。そして更に良い点としては、熱で溶ける=間違えてくっつけても、剥がせる(やりなおせる)点です。まずは揃えておくと間違いありません。

※グル―(のり)は基本的に別売りですので、本体と一緒にゲットすることをお忘れなく。

グルーガン用のグル―、400円以下の激安のものを発見しました。



2.格安デコレーションパーツショップ

手作りウエディングアイテムを作るには、土台を飾るパーツを100均などの格安ショップで集めることも大切。ダイソーなどの100均にもいろいろありますが、探せばプリザーブドフラワーに造花(アーティフィシャルフラワー)、パールや葉っぱなど、激安なのに完成度の高いものが売っている専門店があります。

手芸用レースの専門店。国産の高品質な手芸用レースをお手頃価格で販売しています。ウエルカムボードの縁取りや、リングピローなどの飾りに活躍。日本製のレースが10cm10円からで、セールコーナーも常設。

 

 

完全手作り派にうれしい、キットではなくパーツの単品販売が充実しているウエディングアイテム手作り応援ショップ。万能のパール(140円程度)にサテンリボン、ハートやラウンドのアイアンかご(リングピローの土台、700円~)、花びらにドール用のティアラ(1400円程度)など、単品パーツの品揃えの豊富がダントツです。常設アウトレットコーナーもあるため、たまにのぞくと掘り出し物が。

 

 

プリザーブドフラワーは高い、のイメージを覆す良質&格安プリザーブド専門店。送料無料コーナーや100円均一の花材コーナーが大充実の頼れるショップ。写真はほんの一例です。上記リンク先に、100均素材コーナーや詳細情報があります。

 

 

3.土台となるパーツの格安ショップ

手作りリングピローに欠かせない、土台となる素材が格安で手に入るショップ。

 

私の場合、上記写真2枚目のようなハートのアイアンのかごに、写真3枚目のような指輪を買った時にもらったハートのリングピローをグルーガンではりつけ、そこに飾りをしました。

 

上記以外に、リングガールやリングボーイがもちやすいハートのアイアンかご、カボチャの馬車タイプ、シンデレラの靴タイプ、クッションもレース入り、幸せのブルーリボンタイプ、ラウンドのシンプルなもの、スクエアなど豊富です。

 

購入者の声も充実しているので、一度上記リンクから中身を見てみてみるとパーツ同士の組合せなどのイメージが沸きます。

 

土台パーツが700円台~。

 

 

ダイソーなどは、まとめ買い(500個単位)をしないと通販をしてもらえませんが、実はネット上に通販の100均も存在しています。サイトの作りはかなり地味ですが、掘り出し物のパーツがあるかもしれません。忙しくてお店になかなか行けない、サイズなどを確認して買いたい、歩き回らずに素材を探したい、という方には便利です。

 

 

◆誰かに借りる

幸せになれる4要素と言われる、サムシング・フォーのひとつ、「サムシング・ボロウ(誰かから借りたもの)」にあやかって、誰かから借りる、というのも手です。思い出の品が誰かの晴れ舞台でもう一度日の目を見るということで、結構みなさん喜んで貸してくださると思います。

 

 

◆式場で借りる

リングピローを無料で貸してくれる式場・教会は結構あるようです。一度式場に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

◆ウェルカムアイテムを兼ねたものにする

最近はさまざまな形のリングピローがあるので、明らかに「リングピロー」という感じではない、ウェルカムドールも兼ねたようなかわいらしく華やかなものもあります。そういったタイプを選ぶことで、結婚式ではリングピロー、披露宴時はウェルカムドールとして使えるため、一石二鳥です。

 

 

おすすめ情報

節約に役立つ、おすすめサイトや情報をご紹介します。



◆キットを使い、自分で手作りする場合

キットとは言っても、お値段はピンキリ。デパート、東急ハンズ、ゆざわや等の手芸店、いろいろ見て回りましたが、ネット通販のショップが一番お得だと感じました。

 

創業明治43年。手芸・ハンドメイドの専門店です。

 

キットで作る場合の良い所は、パーツを探して集める手間もなく、ばらばらに手配する場合に比べ、パーツ同士の色あいなどがしっくり来て、お得に素早く完成度の高いものが作れる点。その他、ウエルカムボードにウエルカムドールなど、ブライダルアイテムが豊富にそろっています。

 

値段も1166円~!激安です。5400円以上で送料無料

 

作り方の説明書と一緒に、必要なものが一式入っているので初心者の方でも簡単に作れます。

リングピローキットは1100円位から。デザインが非常に豊富で、好みのものを見つけやすいのもポイントです。

 

 

 

◆完成品をお得に買いたい場合

リングピローの完成品に関して、クオリティと値段のコストパフォーマンスの高さはピカイチです。

リングピロー以外にも、ペーパーアイテム、体重ベアやドール、プチギフトも取り扱ってます。

 

【プラスポイント】

  • リングピローの完成品が1890~と格安(作る手間・時間を省けます)
  • 値段順、新着順など並べ替えができるため、検索しやすい
  • 和風、シック、シンプル、ブーケタイプなどデザインが豊富
  • 関東57店舗にて実物を確認することが可能
  • 毎月11日と22日は「いい夫婦の日」として全品10%オフ
  • 10,500円以上で送料無料

 

【マイナスポイント】
・種類が比較的少な目なところ。かごタイプ、クッションタイプ、フラワータイプ中心です。

 

※以下、各写真をクリックすると、デザイン詳細画像・類似アイテム情報が見られます。

珍しい、大人っぽいエレガントなデザイン。

完成品1890円

 

和装用完成品、3500円

和装リングピローがその他充実しています。

 

薔薇の花かごのような、かわいらしくも上品なタイプ。

完成品3000円です。

 

 

 

<卸問屋で材料を購入する場合>

 

知る人ぞ知る、アクセサリー問屋の街東京浅草橋。私も親友にこの情報を教えてもらいました。

下記の特長があります。

 

  • お値段がかなり安い(特にウェディンググローブ・リングピロー)
  • 午後四時までにネットで注文すると、基本即日発送(急いでる方にはうれしい)
  • 実際の店舗で手に取ることが可能(場所は東京浅草橋のみですが・・・どんなお店か、どんなコーナーがあるかなど、実際の写真とともに上記リンク先で詳しく見ることができます。)
  • 実店舗にはカゴなど役立つパーツ・激安リングピロー素材コーナーあり(ネットでは、あまり種類がありません)
  • 造花ブーケの販売もあり※実店舗だと支払いは現金のみ(ネットならカード・振込・代引可)
  • お店に高級感はない(無駄な経費はかけないとのことで、雑多に商品が置かれていますが、ものはちゃんとしています。)

たとえばこんな感じの、手作りの土台になりそうなピローが680円で売っていたりします。

 

とにかく安さが大事!という方には文句なしでおすすめです。



◆意外と知らない人が多い演出にかかせないアイテム

 

リングピローと同様、挙式で大活躍するのがこの羽ペン。ペンひとつで、写真映えがまったく異なりますので、是非ご紹介したいアイテムです。私が実際に購入し、式で使用したのはこちら。上記が使用シーン例の写真で、下記がアイテムだけの写真。

※上記写真かテキストをクリックすると、アイテム詳細と購入者の声が見れるページに直接飛べます。

 

披露宴の受付にも置き、ゲストの記帳に使ってもらったところ、かわいい!!と特に女性ゲストに大好評でした。

 

 

ちなみにこちらが、実際に利用した時の写真です。署名シーンの雰囲気がグッと本格的な印象になり、写真映えもするので「羽ペン使用」はおすすめです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

管理人の出版物

 

すぐに役立つ技術を網羅した実用書。アマゾンのプライム会員か、Kindle Unlimited会員なら無料で全て読めます!!

 

会員でなくても、このリンクからすぐに内容が見られます。