結婚費用節約術と基礎知識~タキシード・新郎小物編

実際に結婚式で使用した新郎小物たち
実際に結婚式で使用した新郎小物たち
このエントリーをはてなブックマークに追加

新郎衣装のタキシード。基礎知識・お得なショップ情報・必要小物情報を網羅しまとめました。式場提携ショップでは「必要」と言われている小物でも、実は全くなくてもOKなもの、300円以下で調達できるものなど実際に調べ、経験して分かったことを載せています。


【平均金額 (相場・平均費用) 】

新郎衣装(タキシード等)の首都圏平均:

16.5万円  

 

【私達の場合】

1.07万円(約15.43万円節約!)

 

【費用内容】

実際に結婚式で着たタキシード
実際に結婚式で着たタキシード

・タキシードとタイは、都内ドレスショップにてレンタルを利用(新婦衣装の契約時に、タキシードは無料サービスにしてもらいました。)

 

 

必要小物は、ドレスショップでそのまま買うのではなく、 個別に節約ルートで入手

 

①チーフ

⇒AMAZONにて680円で購入

 (実物を見てみると、多少薄いですが、シルク100%の品です。胸ポケットに入れるだけのアクセサリーとしては、上等だと感じました。)

 

②グローブ

⇒浅草橋の業務用品ショップにて115円で入手

※新婦と異なり新郎は手に持つだけで、ほとんど写真に写らないため、安価なものでも大丈夫。

(ご友人やご親族の結婚式写真を見返してみてください)実際、浅草橋で購入したものは、私達が契約しているドレスショップにて販売しているものとソックリ。ほぼ同じものです。

 

③カフスボタン

⇒パーツショップでパーツを購入し、手作りしたため750円で入手

※一生懸命手作りして彼にプレゼントしたので、喜んでもらえて一石二鳥でした。

 

④靴(白・エナメル) 

⇒楽天市場にて4,200円で入手(ポイントもつくので二度お得でした)

 

⑤タキシード用ドレスシャツ

新宿のMAGIC CINQというメンズクローズ店にて予算4,980円で購入

(AMAZONとも迷いましたが、彼がこの店をごくたまに利用しており、ふらりと立ち寄ってみたらちょうどよいものがあったので即決しました) 

 

 

もちろん、ただ安ければ良いというのではないので、品質・見た目・価格のバランスをしっかり考慮した上で手配したモノたちです。

 

結果、ほぼシャツ1着位の価格でこの内容に!!

 

皆さんのご参考になれば幸いです。

 

 

新郎衣装の選択肢とは?

「買う」、「借りる」と大きく分けて2方向ありますが、新婦衣装と異なり、後者を利用される方が大半のようです。(ウェディングドレスは体にぴったり合ったものでないと美しく着こなしづらい一方、タキシード等はスーツに近い構造をしており、レンタルでも十分きちんと着こなせるのと、やはり結婚式の主役は花嫁。新婦衣装に資金を回す傾向にあることも関係してそうです。)

 

また、新郎の衣装は新婦衣装が決まってから決めるのがベター。新郎衣装はバリエーションが少ないだろうと甘く見て、先に決めてから新婦衣装を決定すると、2人のバランスがチグハグしてしまうことも。(新郎と新婦の衣装で白の色が微妙に違う、新婦はカジュアルめでかわいらしいドレスなのに新郎は完全な正装・・・など、格式の高さにずれが生じるのもアンバランスにつながります。)

 

新婦にとって最高の衣装を選び、その衣装に格式・色・デザインが合ったタキシードを選択すれば、ベストバランスに持って行きやすいです。

 

新郎衣装の種類とは?

【タキシード】

※クリックで詳細写真見られます

ザ・ド定番は「タキシード」。

写真のようなタイプがいわゆる王道のタキシードです。

昼夜を問わずあらゆるシーンで活躍するタイプです。


体系を選ばず誰にも似合うため、多くの人がこのタイプを選ぶそうです。

色やデザインのバリエーションも豊富です。

※クリックで詳細写真見られます

 

タキシードでも、写真のようなロング丈のタイプも多くあります。

最近はこちらのロングタイプが主流だそう。

 

 

【フロックコート】

※クリックで詳細写真見られます

 

新郎衣装の中でも、格式が最も高い部類の衣装。豪華なチャペル、ラグジュアリーホテルの広いパーティ会場など、格調高いシーンにぴったり。

 

衣装の特徴としては、膝まである長いジャケット丈。縦にラインを強調するような形状のため、スラッと見える効果も。その格調の高さから、ボリューム感のあるプリンセスラインやAラインのドレス、きらびやかなドレスとより相性が良い。

※クリックで詳細写真見られます

 

同じフロックコートでも、写真のようにジャケット丈がやや短めのショートタイプもある。

ショートフロックコートと言われ、ロングタイプよりも最近はこちら方が人気があるそうです。

 

 

【モーニングコート】

※クリックで詳細写真見られます

 

朝から夕方にかけての正装。中にベストを合わせるのが定番で、ジャケットの前が短くなっていて、後ろに流れるようなラインが出るため、どんな体系の方もすっきりと整った印象に見せてくれるスタイリッシュ効果がある衣装。ただし、モーニングというと、新郎のお父さんなど、年配の方が着るケースもあるため、コーディネイトの仕方(小物の色合いなど)を工夫したり、体にぴったり合ったものを着こなすなど若々しさを意識したい。

 

 

新郎衣装の必要小物は?

※クリックで詳細写真見られます

 

◆タキシード用ドレスシャツ

タキシードをはじめとしたフォーマルウェアには、ウィングカラーのシャツが必須で、色は白、プリーツなしのものが一般的。

胸元にプリーズ(襞)の入ったドレスアップタイプのものも。

購入時は、袖口がダブルカフス(ボタンがついておらずダブルで穴があいている)になっていて、カフスボタンがつけられるようになっているか要チェック。

 

※クリックで詳細写真見られます

 

◆タイ

タキシードに付属していることが多い。大きくわけて、下記3種類です。

 

①アスコットタイ

モーニングコートやフロックコートなど、昼間の正装に用いる幅が広いタイプ。

色・デザイン幅広く、結び方が簡単でおしゃれ感が高い印象であるのがポイント。

 

②ボータイ

正装用の蝶ネクタイのこと。

タキシードには黒を、ジャケットの後ろが長いタイプのテールコートには白を合わせるのが主流。

 

③クロスタイ

主にカジュアルなパーティに用いられるタイプ。

レストランウェディングやガーデンパーティなどの気軽な会にはぴったり。

 

衣装の種類やシチュエーションによってふさわしいものが異なってきますので、もともと衣装に合ったものが付属しているケースが多いです。迷う場合はお店の方に相談するのが一番です。

 

※クリックで詳細写真見られます

 

◆チーフ

タキシードに付属していることが多い。

ジャケットの胸ポケットに挿すドレスアップアイテム。

色は本来白が一番格上の正装色。次いでシルバー。

ただし、衣装合わせてカラーを使ってもおしゃれ。

(実際、新郎の胸ポケットに入れ、一部をちらりと見せるだけのアイテムですので、色合いさえ合っていれば、材質や大きさはあまり関係ないです。)

 

※クリックで詳細写真見られます

 

 ◆グローブ

色は白が基本。決して手にはめることはなく、バージンロードを歩く際などに、新郎が手に持つアイテム。(本当に、ほぼ「手に持つだけ」です。なので写真に残るのは、手に持っている小さな白い布、位のイメージ。ここにお金をかける必要は全くありません。)

 

※クリックで詳細写真見られます

 

◆カフスボタン

シャツの袖を止める為に使うアイテム。

モーニングコート・燕尾服ではホワイトカラーのものを、黒のザ・タキシードには黒蝶貝やオニキスなどブラックを使ったものがベスト。留める部分の台座はシルバーかグレーが無難。ですが、タキシード用シャツの袖にボタンがついている場合、別にカフスをしなくても全く問題ありません。新郎の袖元を、わざわざのぞき込む人はほとんどいないので・・・


※クリックで詳細写真見られます

 

 ◆シューズ

衣装に合わせた色を選ぶのが基本。黒には黒、白には白という風に。

黒の衣装であれば、わざわざ新しく用意せずに、手持ちの黒い革靴を履いてもOK。

レンタルの場合と購入の場合がありますが、ネットショップ等で探すと、購入も借りるのもほぼ値段が変わらなかったりするので、新品を買ってしまった方が気持ちがよく一日すごせるかもしれません。

 

※クリックで詳細写真見られます

 

 ◆アームバンド

シャツの袖の長さを調整し、自分の腕に合わせるための物。ドレスシャツの袖が自分に合ったものを利用すれば、揃えなくてもOK。私達の場合も使いませんでした。

 

※クリックで詳細写真見られます

 

 ◆サスペンダー

ズボンをつりあげることで、ずり落ちを防ぐと共に、ラインをきれいに見せる&足長効果があるアイテム。ズボンのサイズが自分に合っていてずり落ちる心配がなく、ラインにかなりこだわるのでなければ、揃えなくてもOK。このアイテムも、私達は用意しませんでしたが、全く問題ありませんでした。

 

 

 

 

節約ポイント

◆新婦の衣装とまとめて1か所で手配する

まとめてレンタル・購入するとサービスしてくれることが多いです。

私たちも、1か所で新婦衣装3点と共に借りたことで、新郎衣装2点を無料にしてもらいました。無料分上限は10万円までですが、足が出た分は更に交渉したことで50%オフになりました。

 

 

◆タキシード専門の格安レンタルを利用する

タキシードだけを扱っているレンタルショップですと、種類が豊富なことに加え、料金も良心的なところが結構あります。おすすめショップを後にご紹介しますのでご参考にしてください。

 


◆小物がついているレンタルプランを利用する

タキシードのレンタル料金に必要小物も含まれているタイプも探せばあります。

小物を手配する面倒もなく、衣装とトータルでコーディネイトできるので、より合わせやすいというメリットも。

 


◆小物はネットや通販で手配する

衣装店で販売しているものをそのまま購入するよりも、インターネット通販の方が安くてに入るケースがほとんど。新婦小物と異なり、新郎小物はある程度型が決まっていて選択肢は狭いので、通販でも買いやすいと思います。セットになっているものをゲットすると色のずれも防げ、手間も省けます。

 


◆小物を手作りする

カフスボタン等は、パーツショップに行けば部品が格安で手に入ります。

手作りしたものをプレゼントすることで記念にもなりますし、個人的におすすめです。

 

 

おすすめ情報

<タキシード専門レンタル店>

ネットショップは店舗維持費・人件費がかからない分商品そのものにコストをかけられるため、質に対して払う価格が安い傾向にあります。

 

ネットショップで衣装を手配する際のコツは、新婦衣装を手配するショップにて、新郎も試着だけしてみて、希望の衣装の色・サイズ感を把握すること。

 

例えば、シルバーグレーのタキシード、後ろは長め、前ボタンはダブル、サイズはL・・・など。

 

実際に衣装店で試着しイメージをつかめば、ネットレンタル・ショップでも圧倒的に選びやすくなります。また、ネットレンタルのお店でも、試着サービスを提供している所、実店舗の見本サロンを用意しているところも。うまく活用すれば、賢く相場より安く良いものを入手できます。

 


ネットショップの良さは、その圧倒的なコストパフォーマンスですが、様々なショップの中でも、特におすすめなサイトをご紹介します。


 

こちらは、昭和33年創業の老舗レンタル衣装ショップ。

 

レンタルタキシード、お父様用モーニング、留袖、ウエディングドレスなどレンタル衣装が充実。

 

既にご紹介した、「総合衣装館 Mai」よりも、新郎の小物が充実しており、何より圧倒的な価格の安さが魅力。

 

なんと、タキシードが小物付、送料無料で1万円以下~という圧倒的な格安度。

 

ですが、実際の購入者の声が数百件以上と非常に多く掲載されており、リアルなコメントを見た上で納得して利用できる点も信頼がおけるポイントです。

 

タキシード及び新郎の必要小物は、120点以上。理想のアイテムが非常に検索しやすいサイトの作りも気が利いています。

 

新郎の衣装は、新婦衣装よりも値段による差が少ない割に、結婚式場提携店等で借りると非常に割高。 でもネットショップで借りると不安・・・という方にも嬉しい試着サービスがこの店にはあります。(ネットショップではあまり見ない親切なサービスです。)


後述していますが、小物だけ格安で良いものをそろえたい、という方に嬉しい便利なセットもあります。

上記はほんの一例。リンク先より人気ランキングや利用者の声が見られます。

 

MARINOは送料無料、小物込みで1万円以下~レンタルを実施していますが、イタリア製の高級タキシードでさえ2.5万円程度と激安です。

 

そして前述の通り、MARINOは3500円で2着までタキシードが試着可能。


タキシードを探しているけど、ネットだとサイズが合うか、色が似あうか不安・・・という方も安心できる、親切なサービスです。


下記から試着サービスの内容について詳しく見られます。



また、老舗ならではの、サイズ選びに関するポイントをおさえたページもあって便利です。

他のレンタルショップで借りる予定の方も、一度タキシードのサイズの押さえ方基礎知識ということで、下記ページをご覧になられることをおすすめします。

 

 

 

<小物情報>

 

◆チーフについて

おしゃれ度をアップさせるチーフ。

本来であれば絹が一番正装感あるのですが、遠目に見ればあまり大差ないと思われます。

インターネットなら、1,000円程度でお得に手に入ります。

 

こちらが、実際にネットで購入した白チーフ。プライスは680円、送料込で785円でした。

シルク100%です。実物はちょっぴり薄いかなと感じましたが、使用時は胸ポケットに入っている飾りですので差支えはないと思います。

 

白以外にも、ブルーやピンク等、いろいろな色がありました。中には、1枚で4色の用途に使えるお得な優れものチーフも。手ごろなものが、すぐに見つかります。

 

 

 

◆タキシード用ドレスシャツについて

東京新宿にあるヤングメンズ向けのお店マジック・サンクにて4,980円で購入しました。AMAZONでの購入を検討していましたが、たまたま立ち寄ってちょうどよいものがあったので、即決してしまいました。

実際に購入したタキシード用シャツ
実際に購入したタキシード用シャツ

新郎用のシャツは、チーフ同様、インターネットでも4000円以下で手に入ります。いくつか格安なものを見つけましたので、ご参考にしてください。

タキシードに欠かせないウイングカラーのシャツもお得な値段。

 

Sサイズから4Lまでと幅広いサイズ展開。上記リンク先から購入者のレビューを見られます。(購入した人の声って重要です。記事の厚み、色合い、ボタンの質感など、リアルな声が分かります。)



おすすめのタキシードショップとしてご紹介したMARINOですが、小物も非常にお得です。

 

必要小物を個別に手配するのが面倒・時間がないという方は、こういったセットが非常におすすめ。

 

なんと送料無料で7点セット5000円以下相場より圧倒的にお得。時間もお金も節約可能です。

 

また、新郎小物は白が多いので、一気に揃えると白の色が微妙にずれるということもなく、その点もセットで手配する場合のメリットかもしれません。

 

通常だとタキシードとセットでないとレンタルを行っていない所がほとんどですが、

MARINOは靴単品のレンタルも送料込で4000円以下と格安です。(送料込という所がポイント)

 

上記リンク先より、利用者の声や人気のランキング等が見られます。

 

 

<小物も全てセットになっているタイプのタキシードレンタル店>


時間がない、いろいろ小物も別に手配するのは面倒、という方には、お好みのタキシードさえ選べば、あとは必要な小物が全てセットでついてくるタイプのレンタル店をおすすめします。


例えば、

このショップは、ショップ名こそ留袖のレンタルがタイトルになっていますが、実はおしゃれなタキシードを新品だと18万円のものを、3.8万円以下で「必要な小物全部付き」でレンタルしています。

 

しかも、通常だと式場への往復送料を別途請求するところが非常に多い中、送料も無料です。

 

【メリット】

  • 衣装の種類が圧倒的に豊富(メンズの衣装は、バリエーションがウェディングドレスに比べて少ないため、10点前後の店が多いですが、こちらは100点以上の品ぞろえ)
  • サイズが豊富(細見からL以上、太目のサイズまで。電話で相談にものってくれます)
  • 色・サイズ・予算からアイテムを一瞬で探せるので非常にサイトが使いやすい
  • 会場への往復送料無料、なんと近所のコンビニで受け取ることも可能。
  • ワインをこぼした、ひっかき傷をつくってしまった、など万が一があっても追加料金がかからない「安心保障」が1,000円でつけられる
  • 12時までの注文で、最短2日後に届けてくれる(急いでいる人にも便利)
  • 出張着付け・ヘアメイクもネット注文可
  • 無料でコーディネイト・色や衣装のセレクトについてコンサルティングしてくれる

 

【デメリット】

  • 実店舗があるが、富山なので遠方だと行けない
  • 試着ができない(非常に詳細なサイズ表があるのと、電話でカウンセリングしてくれます)

 

下記に、特に人気のタキシードをいくつかご紹介します。

どんな小物がついてくるのか、また、生地やデザインのディティールは写真をクリックすると見れるようになっています。

 

 

誰にでも似合う、王道のザ・タキシードがこちら。お値段もびっくりする1万円以下、しかも送料込です。黒のタキシードは良い意味で主張しすぎないため、新婦の衣装も選ばず、どんなドレスとも相性が良いです。


タキシードのジャケット丈が長いタイプ。ジャケットの前を開けて着れば、(式の最中などは閉じておいた方が正装感が出てよいですが)縦のラインを強調し、足長効果があり、伸長も高く見える効果が。


同じ黒のタキシードでも、ジャケットの前部分をモーニングコート様にカットし流れるようなラインがあるタイプ。スラリとした印象を強調します。ジャケットやや眺めのタキシードは、タイさえ変えれば、(蝶ネクタイからアスコットタイ、など)印象をさまざまに変えることができます。新婦の衣装チェンジ、お色直しと一緒に新郎は小物を変えれば2着もわざわざ新郎衣装を借りる必要なし。


真っ白なホワイトタキシードではなく、こういったシルバーカラーは上品且つ、白だと膨張して見えてしまうという難点をクリアにしてくれます。白のタキシードを選ぶ際は、ひとくちに「白」と言っても、オフホワイト、ピュアホワイト、やや青みのホワイトなどいろいろありますので、新婦のウェディングドレスの「白」と微妙に色が合わない、なんてことにならないよう注意が必要です。ですがシルバーやグレーカラーのタキシードですと、そういった心配もないのでおすすめです。


ちなみに、私たちの場合は、ブルーグレーを着用。新郎はお色直しはせず、ウェディングドレスの時はブーケとおそろいのホワイト×ペールグリンのブートニア、ピンクのカラードレスに新婦が変えた後はピンク系のブートニアに変えて印象を変えました。


大人の上質感を強調するような、シャンパンからやさしいブラウン調のタキシード。このショップは、赤からシャンパン、ピンクにブルー、実にさまざまな色の新郎衣装、タキシード、モーニングコート、フロックコートをそろえています。黒や白ではない色を探している、という方にもぴったりです。


シャンパンカラーのタキシードは、新婦の衣装が暖色系(黄味系のピンク、オレンジ、赤、イエロー)の時には特に相性バツグン。黄味系のブルーやグリーンなどでも合うと思います。


定価だと18万円以上のタキシードに、小物がすべてついてくるという点が非常に魅力のお店だと思いました。衣装の数も豊富なので、他のお店でタキシードを借りた場合の、小物の組み合わせの参考に見てみてもよいかもしれません。



 

 

 

◆カフスボタンについて

 

貴和製作所

 ネックレス・ピアス・イヤリングはもちろん、カフスボタンのパーツ(ペアで263円まで豊富な品揃えです。

 

パーツに接着する飾りもバリエーション豊かで、オリジナルのものがつくれます。

カフスの土台に貼る飾りは、裏面がフラット(平ら)なものを選ばないと、うまく貼れないのでご注意を。5000円以上買うと送料無料になります。

 

浅草橋や秋葉原、横浜など、首都圏に実店舗もありますので、お近くの方は一度行ってみると楽しいですよ。

 

に購入したカフスボタンのパーツ242円。これが土台になります。

ボタンにつける飾りのパーツ210円。本物の半貴石で、天然ならではの自然でやわらかい光です。

これが完成品。結局パーツは同じ種類の四角にしました。

きれいなギフトボックスに入れて。



以上、新郎用小物は、意外と必要なものが多いですが、このページをご参考に、賢く上質なものを安くゲットしていただければ幸いです。


  

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

管理人の出版物

 

すぐに役立つ技術を網羅した実用書。アマゾンのプライム会員か、Kindle Unlimited会員なら無料で全て読めます!!

 

会員でなくても、このリンクからすぐに内容が見られます。